〝物忘れ〞増えていませんか? 認知症を予防する生活習慣を Let’s”脳トレ”タイム

「あれ?最近、よく物忘れをする」。まだ若いと思っていても、脳の老化は始まっています。いつまでも脳を若々しく保つために、脳と体、そして「心」を動かし、エクササイズを!

脳は飽きっぽくて、
いつも刺激を求めています!

認知症予防に大切なことは①血流をよくする②頭と体を一緒に動かす③「喜(うれしい)」「楽(たのしい)」の心を大切にすること。血管をキレイに保ち、2つ以上のことを同時にする「ながら」行為をすることで脳の動きを活発に、さらに「笑い」の中で楽しんでもらえればベストですね。


<手を使って>
右手の親指から順番に指を折りながら1~10まで数えます。
その時、同時に左手は「パー」「グー」を交互に繰り返します。

次に手を変えて、左手の親指から指を折って1~10まで数えながら、右手は「パー」と「グー」を交互に繰り返しましょう。


<足を使って>
イスに座って両足のかかとは付けたまま、つま先を上げたり下げたりします。同じリズムで右手と左手で交互に膝をたたきます。

手先や足先を動かすことで血流をよくします。あえて、普段はやることのない2つ以上の動作を組み合わせることで、脳の動きも活発に


年齢を経るほど同じパターンの生活をしてしまいます。生活が固定してしまうと、脳も同じ場所しか使わなくなります。脳は使うほど活性化するので、脳に刺激を与える習慣をつけることが大切!


介護福祉士・中高老年期運動指導士 北やよひさん
社会福祉法人の「寿敬会」が運営する大日倶楽部「オラ」副主任。寿敬会は毎月「大日カフェ」を行っており、北さんが担当する「脳トレ体操」が利用者たちに人気

大日カフェ

認知症ミニ講座や脳トレ体操などを、お茶を楽しみながら実践。地域住民や、認知症のことで不安や悩みがある人など、幅広く参加できます

日時 11月17日(金)午後1時半~3時半
住所 ケアハウスロミオイフリエッタ 1階喫茶ハニー(和歌山市平尾645)
問い合わせ 大日山荘(新野さん、岡本さん、上原さん)
電話 073(478)3437
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚れなどが気になってきます。また…
  2. スピードクーラー (レギュラータイプ)(10人)  全国的に夏日が続いています。暑い夏に、もし災害…
  3. 立野
    野菜のプロフェッショナル 立野眞生(たての まさお) ■プロフィール 1975年、和歌山県生まれ…
  4. 花や木がいきいきと育つ、みずみずしい季節になりました。今回は、世界三大○○として認められている、ジャ…
  5. 世界初の実用的カメラが誕生して今年で180年。写真技術の進化には和歌山県の企業も深く関わっています…

電子新聞 最新号

  1. 2019/6/13

    リビング和歌山 6月15日号

    リビング和歌山 6月15日号  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る