いざというときに役立つ防災グッズ プレゼント 緊急簡易トイレ

緊急簡易トイレ(3人)

いざというときに役立つ防災グッズ プレゼント 緊急簡易トイレ

本体は段ボール、汚物袋・凝固剤各5回分付き(3888円)

災害時、深刻になるのが“トイレ問題”。皆さん、備えていますか? 市民の防火・防災意識の向上を図る「和歌山市消防協会」(同市七番丁)から、いざというときに役立つ「緊急簡易トイレ」がプレゼントされます。段ボールを組み立てる作るタイプで、保管はコンパクト。“トイレ”が使えないと健康にも影響が。家庭に1つは備えを。

商品について問い合わせ 和歌山市消防協会
電話 073(499)4579

 

ハガキまたはEメールで応募を。〒住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、下記の宛先まで。当選発表は賞品の発送をもって代えます。商品の受け渡しは弊社となります

宛先 〒640-8557(住所不要)
和歌山リビング新聞社「6月防災グッズ」係
Eメール living@waila.or.jp
応募締め切り 6/20(水) 当日消印有効
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. 8hachi(ハチ) 食パンとコーヒーとおやつ
    和歌山市毛見の住宅街に、カフェ「8hachi食パンとコーヒーとおやつ」が10月1日にオー…
  2. fitfit(フィットフィット)「外反母趾にもやさしい靴」
    オシャレは足元から…というけれど、細身のパンプスを履き続けてきた女性は、外反母趾に悩む人…
  3. イラストの、組体操の演技に名前をつけなさい
    漫画家マエオカテツヤさんがお題を出題 子どもたちの自由な発想を紹介し、ツッコミます。 ★…
  4. 使って楽しむ器展
     作家16人の個性あふれる器を集めた「使って楽しむ器展・カレー皿と器いろいろ編」が、10月…
  5. 多肉植物の寄せ植え教室
     オープンガーデンわかやま主催の「多肉植物の寄せ植え教室」が、10月27日(土)午前10時…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月20日号

    2018/10/18

    リビング和歌山 2018年10月20日号

    リビング和歌山 2018年10月20日号 芸術の秋! 最近注目を集めている「臨床美術」を紹介します。…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山10月20日号
     芸術の秋! 最近注目を集めている「臨床美術」を紹介します。“絵を描くのは苦手”と思っている人も、…
  2. リビング和歌山10月13日号
     狙われています! 主婦や子育て中のママを誘う“副業”にまつわる悪質商法。スマホが主流となった昨今…
  3. 上段㊧から中尾比呂人さん、齊藤尚輝さん、藤本多敬さん、下段㊧から近藤忠仁さん、西川聖哲さん
    和歌山大学クリエプロジェクト「防災のつどぴ」が発足 災害から生き抜くために、自分たちができることは…
  4. 常備灯「ここだよライトS」(3人) コンセントに差し込んでおく充電式。地震や停電が起こると自動的に点…
  5. リビング和歌山10月6日号
     和歌山県で生まれた、平安時代の歌人・西行。松尾芭蕉をはじめ、多くの人に影響を与え、死後、数々の伝…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る