いざというときに役立つ防災グッズ プレゼント 3LEDヘッドランプ

3LEDヘッドランプ(20人)

連続使用時間は約30時間、雨の中でも使える防雨形。64×59×49ミリ、73グラム(2160円)

商品について問い合わせ 和歌山市消防協会
電話 073(499)4579

昨年10月に紹介したときには多数の応募があったヘッドランプを、今月はお年玉プレゼントとして20人に進呈。災害時はもちろん、アウトドアや夜間作業などに、両手が使えて便利。明るいLEDライトとレンズ効果で約10m先まで見通せます。市民の防火・防災意識の向上を図る「和歌山市消防協会」(同市七番丁)により提供。

ハガキまたはEメールで応募を。〒住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、下記の宛先まで。当選発表は当選案内のはがきの発送をもって代えます。商品の受け渡しは弊社となります

宛先 〒640-8557(住所不要)
和歌山リビング新聞社「1月防災グッズ」係
Eメール living@waila.or.jp
応募締め切り 1/17(水)当日消印有効
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 西山浄土宗の慶哉寺(きょうさいじ、和歌山市中島)で、お釈迦様の誕生を祝う催し「第3回花まつ…
  2. 2018/4/19

    虹色市場Vol.5
    「手作りはバリアフリー」をテーマに、県内外から手作り作家が集う「虹色市場Vol.5」が、4…
  3. 空き家に関するさまざまな情報が分かる 県がパンフレットを発行
    管理や活用の方法を分かりやすく紹介  人口減少や高齢化を背景に、数年前から「空き家」が社会…
  4. リビング和歌山4月21日号
      昨年4月28日、「『最初の一滴』醤油(しょうゆ)醸造の発祥の地」として、国の日本遺産…
  5. いぬやしき
    初老のサラリーマンVS高校生 さえない初老のサラリーマン・犬屋敷壱郎は、ある日、医師から末…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山4月21日号

    2018/4/19

    リビング和歌山 2018年4月21日号

    リビング和歌山 2018年4月21日号 昨年4月28日、「『最初の一滴』醤油(しょうゆ)醸造の発祥の…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山4月21日号
      昨年4月28日、「『最初の一滴』醤油(しょうゆ)醸造の発祥の地」として、国の日本遺産に認定され…
  2. リビング和歌山4月14日号
     香りや味が良く、最高級の品質だとして全国各地で栽培されている「真妻わさび」は、和歌山に起源があり…
  3. 日本の伝統的な発酵食品である味噌。季節に合わせて、おいしく、ヘルシーに暮らしに取り入れてみませんか。…
  4. 認証状を交付する尾花正啓市長と、受け取る平松加奈子さん

    2018/4/12

    防災Topics
    学生消防団活動認証制度開始 第1弾は4人に認証状を交付 若手の人材確保、地域と大学の交流、就職活動支…
  5. 和歌山市消防局・高度救助隊 消防司令補 梶本 敦司さん 国際緊急援助隊救助チームの一員としてメキシコ…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る