それぞれに忙しい家族 健康管理は日々の食事で

profile
薬剤師
津村 千賀さん

 自身は調剤薬局に務める薬剤師、夫は中央卸売市場の魚屋さん。中学生の長男は野球部に所属、小学生の長女と次男はそれぞれに習い事…。今は勤務日を調整しながら、家のことを優先しつつ、友達に趣味でもある「保存食づくり」も教えています。次男を助産院で出産してから、食に対する考え方が一転したのだとか。「体にとって食は本当に大切。和歌山にはおいしい食材がいっぱいあるので、素材そのものの味を楽しみ、家族みんなが健康に!」と。自宅のキッチンには、みそや梅干し、ぬか床用の食品保存容器が整然と並んでいました。

津村さん流
ワーキングママのおきて
 子どもの成長とともに“時間”がバラバラに。だから、できるだけ食事は家族みんなで。息子、娘にも料理を教えていて、「私が出掛けるときは途中まで準備して、あとは子どもたちが」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「かけっこ」や「リレー」。“速く…
  2. 煮物では食べにくい冬瓜も、炒めてカレー味に、そしてチーズもトッピングすれば分からず食べちゃいます! …
  3.  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが、“保活”。まず何から始めれ…
  4.  故人の思い出が詰まった遺品の数々。整理する遺族の負担を減らすために生前の「断捨離(だんしゃり)」を…
  5. 3LED ヘッドランプ(10人)  これまで紹介した防災グッズの中でも人気商品の「ヘッドランプ」を…

電子新聞 最新号

  1. 2019/8/22

    リビング和歌山 8月24日号

    リビング和歌山8月24日号  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「か…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る