そろそろほしいなマイホーム、家づくりはじめの一歩⑦
プランニングと依頼先の決定 人との相性、対応力も重要

親身になってくれる住宅会社に

これから家づくりを始める人向けに、展示場の見学から着工までの流れ・ポイントを紹介する「家づくりはじめの一歩」シリーズ。最終回は、「プランの提案・依頼先の決定」について、和歌山市内に注文住宅を建てたYさんにインタビューしました。

高台にあるYさん宅。「こうしておけば良かった」ということもあるけれど、快適に暮らしています

勉強会で家づくりの“いろは”を学び、モデルハウスを見て、完成・構造見学会に参加、OB宅訪問を終えたら、マイホームのイメージと依頼先が固まってくるのではないでしょうか。その次のステップが、「プランニング&見積もり」です。

「私たちは、2社から1案ずつプランを出してもらいました。とにかく予算ありきだったので、要望を聞き入れてもらうというより、予算内でできることを提案してもらった感じです」とYさん。最終的には、友人の紹介で訪ねたF社に決定。「友達の家に遊びに行ったときに、なんてステキなおうちなんだと。シンプルな間取りだけど、空間をうまく使っていて開放的で、収納スペースも多くって…。私たちの家も思った以上の案を提案してくれて、迷いはなかったですね」と言います。

関東出身で、東日本大震災をきっかけに和歌山で生活することを決意したYさん、家に関してはそれほどこだわりはなかったそうですが、高台の立地が絶対の条件。「土地探しも親身になって手伝ってくれました。また、高台の眺望を生かすために、リビングを2階につくってくれたり、夫がこだわった吹き抜けを形にしてくれたり…。家づくりは、人との相性、住宅会社の対応力も重要だと思います」と。Yさんは、土地探しに時間を要し、家づくりを考え始めてから着工まで約1年、着工から完成・引き渡しまで約4カ月。「消費税が8%に増税される時期で、工期も譲れませんでした」とも。

そして最後に、「最初、モデルハウスを見に行ったときは、(価格的に)注文住宅は無理と思ったんです。でも、結果的に予算内で建てることができました。まずは情報を集めて住宅会社に相談を」と、これから家づくりを始める人に向けてアドバイスしてくれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ありがとう、と 言葉で伝えることが大切 歌舞伎の名門(萬屋)に生まれ、8歳のとき、歌舞伎座で初舞…
  2. 日時 2020年 9/23(水)~9/29(火) 10:00~18:30※最終日のみ16:0…
  3. 幾度も荒廃の危機に遭った高野山 “知る人ぞ知る”パワースポット “人がいない…”、今年4月の緊…
  4. ガラッと変わった生活様式 リビング読者の困り事は…? 大都市に比べ、新型コロナウイルス感染者の…
  5. 動物や植物など、かわいらしく仕上がる ファイルに残せば成長の記録に 子どもの手形を動物や植物に…

電子新聞 最新号

  1. 2020/9/24

    リビング和歌山9月26日号

    リビング和歌山9月26日号  9月25日は「主婦休みの日」。家族の絆や家事について考えてみませんか。…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る