なりっちの0歳パパを育てよう「ママたちに自由時間を あげましょう!」

なりっちの0歳パパを育てよう「ママたちに自由時間を あげましょう!」

子育ては、ママのガマンと犠牲の上に?

公募作品(童話)の選者の仕事が舞い込み、絵本作家や児童文学者など数名と2泊3日でホテルに泊まり込みました。積み上げられた段ボール箱から作品を引っぱり出してひたすら読み続け、良いと思う3作を選び出すのです。最終日には各人が選んだ作品を持ち寄っての講評後、受賞作が決まります。

仕事のおもしろさはもちろん、何より魅力的だったのは、グレードの高いホテルに缶詰めになるという経験、そして24時間すべてを自分のために使えるということでした。好きな時間に食べて眠る。それ以外は応募作品を読み続けるだけ。息子たちの「こっちへ来て」と呼ぶ声も、亭主にかかわる用事も一切なく、夕食のことも洗濯のことも考えないでいいのです。

「ただ仕事だけをしていればいい」という幸せに浸りつつ、ふと実家暮らしで独身のA子を思い出し、「A子はこんなエエ働き方をしていたのか。だからバリバリ働けるのか」とうらやましくなりました。日々時間に追われ、睡眠不足でアタフタと暮らす身には、たっぷりと時間が使え、仕事をしてもなお時間がいっぱいあり余るA子がねたましく思えます。

子育て中はどうしても自分のことは後回しに。ガマンを強いられる場面も多々あります。子どもが幼なければ幼いほど、子どもとママは一体です。それでも、さほど気にすることもなく当然のように日常が過ぎていくのですが、私のようにささいなきっかけでハタと気づかされてしまうと、マイナスの感情があふれ、「あれもガマンした。これもしたかった」となるのです。「A子のように年1回は海外旅行に行きたい」と思うわけでも、まして「子どもを産まなければよかった」と思うわけでもないのですが。

子育て真っ最中、イラストレーターのMちゃんが言うのです、「パパが風邪で寝込んだときは、どんなに仕事がはかどったことか」って…。パパたち、ママたちのほんのわずかな自由時間を、満喫させてあげて!!

名前なりきよ ようこ
なりっち
プロフィル絵本編集者として勤務後、渡欧。帰国後フリーに。保育所や小学校で読み聞かせを25年以上続けている。絵本creation(編集プロダクション)代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. 和歌山を中心に活動している写真・カメラクラブ「ワカヤマカメラ」。20~40代の同クラブメン…
  2. 多肉植物の寄せ植え教室
     オープンガーデンわかやま主催の「多肉植物の寄せ植え教室」が、10月27日(土)午前10時…
  3. 築年数が古いほど耐震工事費が必要 平均工事費は163万9100円
    補助制度や支援制度を上手に活用を いつ起こるか予測できない地震。住宅には、自然災害から家族…
  4. 秋の装い展

    2018/10/18

    秋の装い展
     古代から室町時代までに、中国などから伝来した絹織物の一つ、時代裂(じだいぎれ)を服や小物…
  5. 使って楽しむ器展
     作家16人の個性あふれる器を集めた「使って楽しむ器展・カレー皿と器いろいろ編」が、10月…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月20日号

    2018/10/18

    リビング和歌山 2018年10月20日号

    リビング和歌山 2018年10月20日号 芸術の秋! 最近注目を集めている「臨床美術」を紹介します。…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山10月20日号
     芸術の秋! 最近注目を集めている「臨床美術」を紹介します。“絵を描くのは苦手”と思っている人も、…
  2. リビング和歌山10月13日号
     狙われています! 主婦や子育て中のママを誘う“副業”にまつわる悪質商法。スマホが主流となった昨今…
  3. 上段㊧から中尾比呂人さん、齊藤尚輝さん、藤本多敬さん、下段㊧から近藤忠仁さん、西川聖哲さん
    和歌山大学クリエプロジェクト「防災のつどぴ」が発足 災害から生き抜くために、自分たちができることは…
  4. 常備灯「ここだよライトS」(3人) コンセントに差し込んでおく充電式。地震や停電が起こると自動的に点…
  5. リビング和歌山10月6日号
     和歌山県で生まれた、平安時代の歌人・西行。松尾芭蕉をはじめ、多くの人に影響を与え、死後、数々の伝…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る