タニタに聞く!健康づくりvol.22 肌の紫外線ダメージ克服法①

紫外線が気になる季節
シミやシワの原因は活性酸素

昔は〝小麦色の肌〞と言って、黒く焼けた肌は健康の象徴のようでした。しかし最近では、紫外線による体へのダメージが取り上げられ、日傘やUVクリーム、アームカバーなどでUV対策をバッチリしている人も多くなりましたね。紫外線を浴びた体の中では何が起きているのでしょうか。今回は、紫外線ダメージとその対策を紹介します。

紫外線を浴びると肌が黒く日焼けしますが、これは皮膚の下にメラニン色素が作られるため。メラニン色素が多くなりすぎると、シミやソバカスができる原因になります。さらに、紫外線を浴びると、体の中に「活性酸素」が発生します。活性酸素とは体の中の酸素が、化学的に活性化し酸化力が強くなったもの。紫外線以外にも、周辺の環境や喫煙、ストレスなどの生活習慣によっても発生するため、ほとんどの人が活性酸素を持っています。

体にとって良い面と悪い面の両方の働きがあるため、活性酸素自体が悪いわけではありません。良い面としては、体内に入った細菌や病原菌に対抗してくれること。活性酸素は、適量であれば悪さをしません。悪い面としては、活性酸素が過剰になってしまった場合、その矛先が細菌や病原菌だけでなく、私たちの細胞にまで向いてしまうこと。細胞を覆う不飽和脂肪酸の膜と活性酸素が結びつき、過酸化脂質を作り出して細胞を酸化させてしまいます。これがいわゆる体の〝サビ〞のようなもの。がんや生活習慣病、老化などさまざまな疾患や劣化をもたらすといわれています。紫外線を浴び過ぎて活性酸素が過剰になると、皮膚の細胞膜に含まれる脂質を酸化させてしまいます。それが、肌のシミの原因となったり、皮膚の弾力繊維であるコラーゲンの性質を変化させ、肌のハリやツヤを失わせてしまうのです。

(出典・タニタの健康応援ネット「からだカルテ」)

有酸素運動と筋力エクササイズを30分で

健康総合企業タニタのノウハウを組み入れた、女性専用のフィットネスクラブ「フィッツミー和歌山」。サーキットトレーニング方式の有酸素運動と筋力エクササイズで、わずか30分で全身を効率よく運動できます。無料体験会実施中。無理なく、無駄なく、手軽にフィットネスを始めてみませんか。

問い合わせ フィッツミー和歌山店
住所 和歌山市北島
20160430tanita02
電話 073(452)0011
営業時間 月~金曜午前10時~12時半、午後2時~8時、土曜午前10時~午後2時
定休日 日曜、祝日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  初心者からベテランまで、世代、経験は問わず、和歌山を舞台に自転車を楽しんでいるサークルから本格派ま…
  2. ユージさん 1987年9月9日生まれ、アメリカ合衆国出身。モデル、タレント、俳優として幅広く活躍…
  3.  テレビや動画配信サイト、ソーシャル・ネット・ワークサービス…さまざまな形で情報を得られるメディアが…
  4. SBKけむりフード(20人)  市民の防火・防災意識の向上を図る「和歌山市消防協会」(同市七番丁)…
  5.  演奏家と地域の人が一緒になって多彩な音楽を楽しむ、住民参加型の音楽祭「きのくに音楽祭2019」(同…

電子新聞 最新号

  1. 2019/9/19

    リビング和歌山 9月21日号

    リビング和歌山9月21日号 9月25日は「主婦休みの日」。3児のパパとして奮闘中のユージさんに、家族…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る