テーマ「無人島へ持っていきたいもの」

イイネ大賞大賞

► お気に入りの詩集。サバイバルに役立つ物も考えたけれど、島にあるものを工夫して暮らしていけるだろうから、孤独を慰めてくれる本があればいいなと思いました。

(みしま・紀の川市)

► 主人の写真。何もない島で何かあっても楽しんだり、困ったときでも乗り越えていけるエネルギーをもらえるような気がするので(笑)。

(まるちゃん。・岩出市)

► コーヒーかもしれない。朝、昼、晩食後、毎日の生活になくてはならない至福のひとときを与えてくれる一杯です。どんな状況でもこの一杯で、ほっこりできること間違いなし。

(サリーちゃん・和歌山市)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「かけっこ」や「リレー」。“速く…
  2. 煮物では食べにくい冬瓜も、炒めてカレー味に、そしてチーズもトッピングすれば分からず食べちゃいます! …
  3.  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが、“保活”。まず何から始めれ…
  4.  故人の思い出が詰まった遺品の数々。整理する遺族の負担を減らすために生前の「断捨離(だんしゃり)」を…
  5. 3LED ヘッドランプ(10人)  これまで紹介した防災グッズの中でも人気商品の「ヘッドランプ」を…

電子新聞 最新号

  1. 2019/8/22

    リビング和歌山 8月24日号

    リビング和歌山8月24日号  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「か…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る