トピックス 和歌山市民オペラ協会 第20回記念定期公演「夕鶴」 8月23日(日) 市民会館小ホールで

キャストを含む総勢100人が結集

20150801topics

和歌山市民オペラ協会の第20回記念定期公演「夕鶴」が、8月23日(日)午後2時から、和歌山市民会館小ホールで開かれます。

オペラを身近に感じてもらおうと、設立から20年にわたり、地域に密着した芸術集団として活動を続けてきた同協会。オペラ発祥の地・欧州の作品はもちろん、日本の古典芸能の演目を題材に、オペラへと変容させ、これまでに49回の公演を行ってきました。

節目となる今年、国内で活躍中の男女4人をキャストに迎え、日本オペラの代表でもある民話「鶴の恩返し」を翻案した「夕鶴」を上演します。演出は岩田達宗さん、音楽は和歌山市交響楽団。

物語は雪深い村が舞台。与ひょうに助けられた鶴が、恩返しに妻・つうとして彼の家に住み着き、自分の羽を織り込んだ千羽織を贈ります。村人から布を都に持っていけば、大金が手に入るとそそのかされ、お金に取りつかれた与ひょう。その姿に落胆しつつも、与ひょうの心が戻ってくることを信じて布を織るつう。取り戻すことのできない人間の愛情を描いています。

今回は、同協会と劇団ZERO(ゼロ)に所属する子どもでつくる、和歌山市民オペラジュニアも出演。園児~中学生11人の元気な歌声が会場に響きます。オペラは初めてという十河実佑ちゃん(9)は「お芝居の中で遊んでいるような感覚。多くの人に来てもらいたいです」とにっこり。

キャスト、スタッフ総勢約100人の力が結集した作品。総合プロデューサーの多田佳世子さんは「全国的にみても質の高いオペラ公演です。キャストの迫力ある声量、幻想的な世界と華やかな衣装、子どもたちの生き生きとした姿を見てください」と話しています。

チケットは市民会館、同市内のコミセンほかで取り扱っています。

問い合わせ 和歌山市民オペラ協会事務局
電話 073(446)0101

同公演のチケットを読者ペア3組にプレゼント。はがきに〒住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、〒640-8557(住所不要)和歌山リビング新聞社「和歌山市民オペラ協会第20回記念定期公演」係へ。8月5日(水)必着。当選発表はチケットの発送をもって代えます。

夕鶴

日時 8月23日(日)午後2時開演(1時半開場)
場所 和歌山市民会館小ホール
料金 前売り5000円、当日5500円(全席自由)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ヘアブラシで頭皮ケアとつや出し“根起こし”でボリュームアップも 毛髪関連事業を手掛ける「アデランス」…
  2.  「健康増進法」が改正され、4月1日から全面施行。今回の改正の大きな目的は、他人が吸うたばこから発生…
  3.  昨今の仏像ブーム。今回は連載中のコラム「仏像のよこがお」の拡大版。大きい、古い、珍しいなど、間近で…
  4.  塩焼き、 みそ煮、バッテラ、きずし…、昼の定食にも晩酌にも万能魚“サバ”。総務省統計局「家計調査」…
  5.  あなたの周りに、“レアな日生まれ”の人はいますか。今号は、2月29日発行。この機会に、普段なかなか…

電子新聞 最新号

  1. 2020/3/26

    リビング和歌山 3月28日号

    リビング和歌山3月28日号 女性にとって、髪は“美の象徴”であり、見た目に大きな影響を及ぼします。美…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る