20150801ehon

夏満開! 真っ赤に熟したトマトと、
昆虫たちのオンパレード

「パパ、もうイヤや」「なにがイヤ?」「Yちゃんにお菓子ばっかり買うって、またママに怒られた」「わあ、そんなん言わんといて。お菓子買うてや〜」。通園途中の父と娘の会話です。お菓子を介した父娘の蜜月が、母親からの「お菓子禁止令」で危うくなりそうな予感。

イクメン、カジメンと叫ばれ、父親が子育てするのは当然との考えが根付いてきましたが、「(産んだ強みで?)しかられても大好きなママ」とは違い、「好かれたいパパ」は、あれこれ模索しています。

思わず、「絵本を読んであげるといいですよ」と声を掛けたくなりました。「大好きな絵本を読んでくれる大好きなパパ」になれるのです。大人になって、絵本のストーリーをきれいさっぱり忘れたとしても、父娘で過ごした楽しい時間の記憶は、父親の思い出として娘さんの心に残るでしょう。

そんなお父さんたちにこの夏おすすめの絵本は『トマトさん』(出版=福音館書店、作/田中清代)。表紙いっぱいに描かれたトマトの顔のインパクトの強さ。「熟女を思わせるセクシーさ」と評されるほどです。好き嫌いが大きく分かれる絵だと思うのに、不思議なくらい子どもはみんな大好きです。

ミニトマトたちのように、ころころ ぽっちゃんと小川に飛び込み、ぽっちゃん ぽよんと泳ぎたいトマトさん。でも体が重くて、自分で飛び込むことができません。

そこで仲間たちがやってきて、トマトさんを力いっぱい引っぱります。アリ、ミミズ、コガネムシ、オサムシ、テントウムシ、カナブン、バッタ、チョウ…。最後にトカゲが手伝って、ごろごろじゃっぷん―と、みごと小川の中へ。

オンパレードの昆虫は、お父さんの得意分野でしょう。保育園の読み聞かせ会でも、隣りの女の子にちょっかいを出していた男の子が動きを止め、目も口も大きく開いて見入っていました。

甘い匂いの涙を流して悲しみ、小川でうれしそうに泳ぐトマトさんの、人間臭い、迫力満点の表情が忘れられません。

名前なりきよ ようこ
プロフィル絵本編集者として勤務後、渡欧。帰国後フリーに。
保育所や小学校で読み聞かせを25年以上続けている。絵本creation(編集プロダクション)代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. サンティアゴ巡礼道、イラゴ峠の鉄の十字架の丘
    「熊野古道」「サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼道」 12月1日(土)、講演会とミニコン…
  2. 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手とされている日本人。普段から、お…
  3. 新種のキノコを見つけたぞ! 名前を考えなさい
    漫画家マエオカテツヤさんが出題。子どもたちの自由な発想を紹介し、ツッコミます。今回は第50…
  4. 人魚の眠る家 11月16日(金)ロードショー ジストシネマ和歌山 イオンシネマ和歌山
    夫婦がたどり着く究極の愛の形とは 離婚寸前の夫婦、播磨和昌と薫子のもとに、ある日突然知らせ…
  5. ふたり展

    2018/11/15

    ふたり展
     前田哲夫さんと量子さん夫妻の「ふたり展」が、11月21日(水)~26日(月)午前10時~…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山11月17日号

    2018/11/15

    リビング和歌山 2018年11月17日号

    リビング和歌山 2018年11月17日号 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手と…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手とされている日本人。普段から、お互いに感謝…
  2. “和歌山といえばミカン”ですが、和歌山市民はバナナもたくさん食べていたことを知っていましたか。スー…
  3. 左:和歌山県薬剤師会災害対策委員長・松尾哲也常務理事 右:稲葉眞也会長
    和歌山県薬剤師会・稲葉眞也会長、松尾哲也常務理事 モバイルファーマシーで調剤支援と公衆衛生管理 熊…
  4. 防炎かっぽう着
    防炎かっぽう着(3人) 日本防炎協会の認定品。フリーサイズ。カラーはブルーもあり(5292円)※プレ…
  5. リビング和歌山11月3日号
    深まる秋をファッショナブルに過ごしたいもの。「オシャレは足元から」という言葉があるように、特に気を…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る