メイク広告が有功小学校で、親子に向けて実施 通学路を守る看板製作

親子一緒に楽しみながら
交通安全の意識付け

 看板製作などを手がける「メイク広告」が社会貢献活動として取り組んでいる「交通安全プロジェクト」。その一環である「親子で作ろう 通学路を守る看板製作イベント」が、11月5日午前9時半~11時半、和歌山市立有功小学校(和歌山市園部)で実施されました。

同社の看板を作る技術を使って、交通事故の危険性を“自分事”として考えられるようにと始められたプロジェクト。同校の生徒と保護者18組が集まり、動物をモチーフにした下絵をベースに、パネルを塗装。「ドライバーの注意を引くにはどうすればいいか」「どこを工夫すれば事故を防げるか」など、親子が一緒に考え、話し合いながら看板を完成させました。

息子の雄紀くんと一緒に参加した村上むつみさんは、「楽しみながら、交通安全の意識付けができて良かった。普段こういう機会がないので、“こんなに丁寧に作業ができる子だったんだ!”と、子どもの新たな一面を知ることもできたのでうれしい」と話します。

「ママに勧められて参加した」という関口友那さんは、「動物の目の形を工夫して塗りました。作った看板がたくさんの人に見られるのは、ちょっと恥ずかしい」と照れ笑い。完成した看板は、同校周辺に設置。大きなサイズのものは正門に立てられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  和歌山は全国でも有数のショウガの産地です。ショウガには、血行を促進し、身体を温め、代謝を高めるなど…
  2.  文化財に指定されている住宅を訪ねてみませんか。建築様式や残されている調度品、家そのものの香りなど…
  3.  今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取り組みが進むことが期待さ…
  4. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019」が、11月9日(土)~12日(火)の期間、和歌山県内で開催…
  5.  松阪牛、近江牛、神戸牛…、これまで“高級肉”といえば、サシがたっぷり入った霜降り肉が主流でしたが…

電子新聞 最新号

  1. 2019/11/14

    リビング和歌山 11月16日号

    リビング和歌山11月16日号 文化財に指定されている住宅を訪ねてみませんか。建築様式や残されている調…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る