モデルロケットを作って 加太で打ち上げたよ!

20160702kids02

地域貢献活動の一環として和歌山リビング新聞社が運営している「日本宇宙少年団(YAC)和歌山分団」。5月は「ロケットの講演とモデルロケット製作・打ち上げ」をテーマに、7日(土)に定期活動を実施しました。

講師は、JAXAスペースティーチャーズ和歌山の藤木郁久教諭、桐蔭高校科学部の生徒たちも協力してくれました。午前中は同校(和歌山市吹上)の教室でロケットを製作し、午後は加太コスモパークへ移動。和歌山大学などがモデルロケットの発射実験を行っている場所で、分団員たちは自作のモデルロケットを次々と発射。火薬が煙を上げ、あっという間に空高く打ち上がるロケットに見入っていました。最後に、藤木教諭が操作するドローンで記念撮影をしました。

20160702kids03

問い合わせ和歌山リビング新聞社
電話073-428-0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ちょっとした変化を見逃さない 周囲が気づいて早めの対応が大切 「認知症」とは、さまざまな原因で…
  2. ストロング派も低アルコール派も “私の和歌山チューハイ”を見つけよう 国税庁統計によると、成人1…
  3. 集まれ! 子ども隊員 「うみわかまもるプロジェクト」スタート SDGsは「持続可能な開発目標」と…
  4. 和歌山市近郊の人たちになじみ深い「四季の郷公園」。エントランス部分がリニューアルし、「FOOD H…
  5. 今なお、全世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。この半年間で私たちの生活は大きく変化しました…

電子新聞 最新号

  1. 2020/8/6

    リビング和歌山8月8日号

    リビング和歌山8月8日号 高齢の親との会話や行動に「あれっ?」と感じたら、もしかすると認知症かもしれ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る