モデルロケットを作って 加太で打ち上げたよ!

20160702kids02

地域貢献活動の一環として和歌山リビング新聞社が運営している「日本宇宙少年団(YAC)和歌山分団」。5月は「ロケットの講演とモデルロケット製作・打ち上げ」をテーマに、7日(土)に定期活動を実施しました。

講師は、JAXAスペースティーチャーズ和歌山の藤木郁久教諭、桐蔭高校科学部の生徒たちも協力してくれました。午前中は同校(和歌山市吹上)の教室でロケットを製作し、午後は加太コスモパークへ移動。和歌山大学などがモデルロケットの発射実験を行っている場所で、分団員たちは自作のモデルロケットを次々と発射。火薬が煙を上げ、あっという間に空高く打ち上がるロケットに見入っていました。最後に、藤木教諭が操作するドローンで記念撮影をしました。

20160702kids03

問い合わせ和歌山リビング新聞社
電話073-428-0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

うんちフェス

おすすめ記事

  1.  今や国民病となりつつある「花粉症」。花粉症の予防対策として注目されているのが和歌山県北山村特産の…
  2.  リビング新聞からのお年玉は「ゴールドに輝く地域ブランド」。全国リビングネットワーク・提携各紙から、…
  3.  さぁ、2020年の幕開け。2020年注目の話題といえば、やはり東京五輪・パラリンピックではないで…
  4.  今シーズンの冬ごもりは、家の中で読書を。心も体もほっこり、親子で本に親しみませんか。図書館スタッ…
  5.  寒さも本格的になってきましたが、街並みはイルミネーションで彩られ、澄んだ空気に星空や夜景もきれい…

電子新聞 最新号

  1. 2020/1/16

    リビング和歌山 1月18日号

    リビング和歌山1月18日号  今や国民病となりつつある「花粉症」。花粉症の予防対策として注目されてい…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る