モデルロケットを製作 加太の打ち上げ場で発射!!

和歌山リビング新聞社は、地域貢献活動の一環として「日本宇宙少年団(YAC・ヤック)和歌山分団」を運営。9月22日(土)に定期活動を行いました。今回の講師は、JAXA(ジャクサ)スペースティーチャーズ和歌山のメンバーの一人で、県立桐蔭高等学校の藤木郁久教諭。同校(和歌山市吹上)と加太で、「ロケットの講演とモデルロケット製作・打ち上げ」を行いました。


ロケットについての講義の後、ケント紙で約30cmのA型モデルロケットを製作。桐蔭中学校科学部の生徒たちも活動をサポートしてくれました。その後、加太にあるモデルロケット打ち上げ場に移動。火薬を装着したロケットをランチャーにセットして、一人ずつ発射実験をしました。見事全員のロケットが空高く打ち上がりました。

問い合せ和歌山リビング新聞社
電話073(428)0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. 築年数が古いほど耐震工事費が必要 平均工事費は163万9100円
    補助制度や支援制度を上手に活用を いつ起こるか予測できない地震。住宅には、自然災害から家族…
  2. ワルンバリ
    ジャワ島スラバヤ市出身のシェフが作る本格インドネシア料理店「ワルンバリ」。手づくりのサン…
  3. 心の病のある人の家族や支援者を対象とした「和歌山市精神保健福祉家族教室」が、10月27日(…
  4. 今月の1冊えほん 「どうぶつまねっこたいそう 」
    クマやカエルなど、いろいろな動物のユニークな動きをまねた体操が紹介されています。 のっしの…
  5. 「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」
    くじらの博物館を舞台にした映画 「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」 イオンシネ…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月20日号

    2018/10/18

    リビング和歌山 2018年10月20日号

    リビング和歌山 2018年10月20日号 芸術の秋! 最近注目を集めている「臨床美術」を紹介します。…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山10月20日号
     芸術の秋! 最近注目を集めている「臨床美術」を紹介します。“絵を描くのは苦手”と思っている人も、…
  2. リビング和歌山10月13日号
     狙われています! 主婦や子育て中のママを誘う“副業”にまつわる悪質商法。スマホが主流となった昨今…
  3. 上段㊧から中尾比呂人さん、齊藤尚輝さん、藤本多敬さん、下段㊧から近藤忠仁さん、西川聖哲さん
    和歌山大学クリエプロジェクト「防災のつどぴ」が発足 災害から生き抜くために、自分たちができることは…
  4. 常備灯「ここだよライトS」(3人) コンセントに差し込んでおく充電式。地震や停電が起こると自動的に点…
  5. リビング和歌山10月6日号
     和歌山県で生まれた、平安時代の歌人・西行。松尾芭蕉をはじめ、多くの人に影響を与え、死後、数々の伝…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る