モデルロケットを製作 加太の打ち上げ場で発射!!

和歌山リビング新聞社は、地域貢献活動の一環として「日本宇宙少年団(YAC・ヤック)和歌山分団」を運営。9月22日(土)に定期活動を行いました。今回の講師は、JAXA(ジャクサ)スペースティーチャーズ和歌山のメンバーの一人で、県立桐蔭高等学校の藤木郁久教諭。同校(和歌山市吹上)と加太で、「ロケットの講演とモデルロケット製作・打ち上げ」を行いました。


ロケットについての講義の後、ケント紙で約30cmのA型モデルロケットを製作。桐蔭中学校科学部の生徒たちも活動をサポートしてくれました。その後、加太にあるモデルロケット打ち上げ場に移動。火薬を装着したロケットをランチャーにセットして、一人ずつ発射実験をしました。見事全員のロケットが空高く打ち上がりました。

問い合せ和歌山リビング新聞社
電話073(428)0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚れなどが気になってきます。また…
  2. スピードクーラー (レギュラータイプ)(10人)  全国的に夏日が続いています。暑い夏に、もし災害…
  3. 立野
    野菜のプロフェッショナル 立野眞生(たての まさお) ■プロフィール 1975年、和歌山県生まれ…
  4. 花や木がいきいきと育つ、みずみずしい季節になりました。今回は、世界三大○○として認められている、ジャ…
  5. 世界初の実用的カメラが誕生して今年で180年。写真技術の進化には和歌山県の企業も深く関わっています…

電子新聞 最新号

  1. 2019/6/13

    リビング和歌山 6月15日号

    リビング和歌山 6月15日号  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る