ライフステージに沿った予防とケア壮年期~歯の喪失期~

ライフステージに沿った予防とケア 壮年期~歯の喪失期~歯に加え、歯ぐきのケアもしっかりと

歯や口腔内のトラブル予防とケアについて、ライフステージに沿って解説しています。今回のテーマは「壮年期」です。
40歳代以降は、歯周病などで歯を失う人が増えます。働き盛りで歯科医院へ行く時間もなく、手遅れになりがち。年に1~2回は、歯科健診を受けることが大切です。年齢とともに歯ぐきが退縮し、歯根が出てくることがあります。この部分はエナメル質よりもやわらかく、むし歯になりやすいので注意が必要です。
日ごろのセルフケアのポイントは、歯と歯の間、歯周ポケットに届くよう毛先を使って丁寧に磨くこと。さし歯や詰め物のある歯は、継ぎ足した部分をよく注意して磨きます(図①)。詰め物のある歯は、その周りがむし歯になりやすいので、毛先を当てて小刻みに磨きましょう。歯と歯の間にすき間ができるようになったら、歯間ブラシで清掃を。挿入するときは歯ぐきを傷つけないように注意してください。ブラシを水平にして、ゆっくり前後に2~3回動かします(②)。根の部分は歯垢(しこう)がつきやすく、やわらかいのでむし歯になりがち。毛先をしっかり当て、小刻みに動かしながら磨きましょう(③)。デンタルフロスは歯ブラシの毛先が届かない歯間部の清掃に使います。フロスの両端を指に巻きつけ、歯と歯の間に歯面に沿って挿入し、歯の側面をこすりながら2〜3回上下します(④)。
(和歌山県歯科医師会・地域保健委員会)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山1月15日号「わが家の\ちょい足しTKGコンテスト/」
     10月30日号の紙面で皆さんから募集したTKGのちょい足しレシピ。編集部で再現してみました。「マ…
  2. リビング和歌山1月8日号「全国のリビング新聞編集長がセレクト2022年にちなんでニコニコプレゼント」
    リビング新聞からのお年玉として、全国リビングネットワーク・提携各紙から大プレゼント! 今年は「20…
  3. リビング和歌山2021年末年始「和歌山県内に暮らす外国人に聞いてみた そうなの!世界のお正月」
     日本ではお正月に、おせち料理を食べるなどの風習があります。海外はどうなのでしょうか? そこで、和…
  4. リビング和歌山12月18日号「歳末の活気あふれる〝市〟でお買い物」
      来週のクリスマスが終わるといよいよ年の瀬。世間は一気にお正月ムードに様変わり。今冬は、原油高、…
  5. リビング和歌山12月11日号「第6波に備える 和歌山新型コロナ検証」
     第5波の自粛が解かれ、クリスマスや年末年始を迎えます。しかし、感染が落ち着いているからといって油…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山1月15日号「わが家の\ちょい足しTKGコンテスト/」

    2022/1/13

    リビング和歌山1月15日号

    リビング和歌山2022年1月15日号 10月30日号の紙面で皆さんから募集したTKGのちょい足しレシ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る