ロケットはなぜ飛ぶの?アルコールを使って発射!

20170128f03
地域貢献活動の一環として和歌山リビング新聞社が運営している「日本宇宙少年団(YAC)和歌山分団」。月に一度定期活動を行っており、昨年12月は10日(土)に、サンケイ寄合橋ビル(和歌山市湊本町)で開催しました。講師は、JAXA(ジャクサ)・スペースティーチャーズ和歌山で、和歌山県立向陽高校の塩崎智哉教諭。テーマは「アルコールでロケットを飛ばそう」でした。

“ロケットはなぜ飛ぶのだろう?”、塩崎教諭は、まず分団員たちに問いかけました。風船を例にとり、空気を噴き出しながら飛ぶ様子から、ロケットが飛ぶ原理を解説。分団員たちには身近なペットボトルの水ロケットをはじめ、さまざまな種類のロケットが飛ぶ仕組みを学びました。解説後、紙コップを使って簡単なロケットを作成。空き缶の中にエタノールを入れ、点火して発射しました。2mほど飛ぶロケットもありました。

20170128kids01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山10月30日号「和歌山生まれの卵としょう油で 極上のTKGを追求せよ!」
     10月30日は「たまごかけごはんの日」(日本記念日協会認定)。卵としょう油にこだわれば、“いつも…
  2. リビング和歌山10月23日号「「和歌山城ホール」が29日(金)に開館 文化とにぎわい創出」
    紀の国わかやま文化祭の開幕に合わせ、和歌山城ホールがいよいよ開館。和歌山城を目の前に、どんな新しい…
  3. リビング和歌山10月16日号「秋の味覚・スーパーフード やっぱり、キノコでしょ!」
    秋の味覚の代表格「キノコ」。メインディッシュから副菜まで、いろいろな料理で活用できる食材です。10…
  4. リビング和歌山10月9日号「個性や専門性がぶつかり、融合して生まれるヒット商品 コラボでガッチリ!」
    企業同士、また企業と生産者など、それぞれの専門性や技術が掛け合わさることで生まれるコラボ商品は、さ…
  5. リビング和歌山10月2日号「10月は里親月間 家族のかたちいろいろ」
     実の親子でも関係がうまくいかない一方、他人でも強いきずなでつながる…。家族のかたちって何? 今号…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月30日号「和歌山生まれの卵としょう油で 極上のTKGを追求せよ!」

    2021/10/28

    リビング和歌山10月30日号

    リビング和歌山10月30日号  10月30日は「たまごかけごはんの日」(日本記念日協会認定)。卵とし…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る