ロープワークを学んで工作 近くの公園で実践も


和歌山リビング新聞社が地域貢献活動の一環として運営している「日本宇宙少年団(YAC)和歌山分団」は、毎月定期活動を実施。8月は26日(土)に「サンケイ寄合橋ビル」で「災害時に役立つロープワーク」をテーマに行いました。

講師は、和歌山県シェアリングネイチャー協会副理事長で県キャンプ協会理事の林美由貴さん。アウトドアの知識や技術を非常時に生かせるよう、普及・啓発のための活動をしています。当日は、災害の話を聞き、ロープワークを学びました。教えてもらった4つの結び目は、板に貼り付けて各自持ち帰れるように。その後、近くの公園に移動し、実際にロープを使ってシートを張ってみました。実践はなかなか難しいようでしたが、グループごとに4つのシートが張れました。

和歌山リビング新聞社073(428)0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. 四季折々・花と緑と紅葉と
     ギャラリーTEN(和歌山市十一番丁)で、写真展「四季折々・花と緑と紅葉と」が、11月25…
  2. 「竹あかりのおまつり・In・わかやま」が、観音山フルーツガーデン(紀の川市粉河)で開催。前…
  3. AQUART2018

    2018/11/15

    AQUART2018
     県内外の作家30人の絵画・イラスト展「AQUART(アクアート)2018」が、11月21…
  4. 新種のキノコを見つけたぞ! 名前を考えなさい
    漫画家マエオカテツヤさんが出題。子どもたちの自由な発想を紹介し、ツッコミます。今回は第50…
  5. レッグウオーマー「プードレッグ」
    骨身にしみるような冷えに悩む人は、厚着をする前にまず足首を温めて。室内履きで有名な「パン…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山11月17日号

    2018/11/15

    リビング和歌山 2018年11月17日号

    リビング和歌山 2018年11月17日号 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手と…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手とされている日本人。普段から、お互いに感謝…
  2. “和歌山といえばミカン”ですが、和歌山市民はバナナもたくさん食べていたことを知っていましたか。スー…
  3. 左:和歌山県薬剤師会災害対策委員長・松尾哲也常務理事 右:稲葉眞也会長
    和歌山県薬剤師会・稲葉眞也会長、松尾哲也常務理事 モバイルファーマシーで調剤支援と公衆衛生管理 熊…
  4. 防炎かっぽう着
    防炎かっぽう着(3人) 日本防炎協会の認定品。フリーサイズ。カラーはブルーもあり(5292円)※プレ…
  5. リビング和歌山11月3日号
    深まる秋をファッショナブルに過ごしたいもの。「オシャレは足元から」という言葉があるように、特に気を…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る