人との出会いを大切に観光大使として大活躍

profile
観光大使
山口 智世(さとよ)さん

 3歳の頃からクラシックバレエ、歌(歌謡曲・演歌)で舞台に立ってきたという山口さん。大学生のときには、行政のキャンペーンガールに選ばれました。現在、有田川町観光大使、奈良県のやまとこおりやま観光PR大使、和歌山市観光発信人、わかやま応援団として、県内外で幅広く活躍。「さまざまな出会いがあり、人と人とのつながりが強く感じられるところがこの仕事の魅力ですね」。職業柄、土・日曜は式典に出席することが多いですが、両親や夫に支えてもらいながら、子どもも“がんばって”と送り出してくれるので活動にも力が入ります。

山口さん流
ワーキングママのおきて
 1日に起きた出来事を子どもと話し合うこと。うれしかったこと、悲しかったこと何でも話してくれます。子どもが車好きなので、ドライブをしてコミュニケーションをとることも。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが、“保活”。まず何から始めれ…
  2.  故人の思い出が詰まった遺品の数々。整理する遺族の負担を減らすために生前の「断捨離(だんしゃり)」を…
  3. 3LED ヘッドランプ(10人)  これまで紹介した防災グッズの中でも人気商品の「ヘッドランプ」を…
  4.  季節の変わり目は体調を崩しがち。普段から食べるものにも気をつかっておきたいもの。薬膳料理はそんな人…
  5.  梅雨も過ぎ、すっかり夏本番。じりじりと暑い日は、ツルッとのど越しさわやかな「冷やし麺」を食べません…

電子新聞 最新号

  1. 2019/8/15

    リビング和歌山 8月17日号

    リビング和歌山8月17日号  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る