今日から始める ボタニカルライフ 流木グリーン編

インテリアやコスメ、ファッションなど、各分野で注目されている「ボタニカル」。生活空間にグリーンがあるだけで、日々の暮らしに癒やしと安らぎが〝プラス〞されますよね。お手軽・簡単、そしてオシャレなボタニカルライフを〝趣味〞に加えませんか。

観賞植物はインテリアの一部。流木と組み合わせると、グッとオシャレ感がアップします。今回はまだまだ流通量が少ない多肉植物の「パラシュートプランツ」を使っていますが、アイビーやポトス、亀甲竜などつる性の植物で応用可能。上級者は、“流木プランター”に多肉植物を寄せ植えして楽しんでいます。

流木グリーン —費用をかけずオシャレに—

【材料】

つる植物(支柱を必要とするもの)、流木(数本)、穴を開けるもの、針金、麻ひも、接着剤、鉢、土(植物に応じたもの)

適度の太さ、長さの流木を並べ、出来上がりをイメージします。流木のアク抜きは不要ですが、しっかり洗って、乾燥させておくこと。

①でイメージした完成形の交差する部分に、小さな穴を開け、針金を通して結合させます。微調整できるようやや緩めにしておくのがコツ。

全体のバランスを見ながら、形を確定させ、つなぎ目の針金が隠れるよう、麻ひもをグルグル巻きに。麻ひもは結んで切り、接着税でしっかり固定させます。

鉢に土を入れて植物を植え、流木を挿して、つるを巻きつけていきます。ガチガチに絡めるよりも、無造作な感じがおすすめです。

【取材協力】GREEN HENGE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚れなどが気になってきます。また…
  2. スピードクーラー (レギュラータイプ)(10人)  全国的に夏日が続いています。暑い夏に、もし災害…
  3. 立野
    野菜のプロフェッショナル 立野眞生(たての まさお) ■プロフィール 1975年、和歌山県生まれ…
  4. 花や木がいきいきと育つ、みずみずしい季節になりました。今回は、世界三大○○として認められている、ジャ…
  5. 世界初の実用的カメラが誕生して今年で180年。写真技術の進化には和歌山県の企業も深く関わっています…

電子新聞 最新号

  1. 2019/6/13

    リビング和歌山 6月15日号

    リビング和歌山 6月15日号  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る