和歌山の空き家事情③ 家を手放さずに、貸し出す 「マイホーム借り上げ制度」

50歳以上の人が対象、空室時の補償も

 “誰も住まないまま家を放置するのは不安なものの、思い入れがある家を売却するのは忍びない”など、売ることも、貸すこともできず、空き家になっているケースも少なくありません。
不動産会社「エポック」代表取締役の山下茂男さんは、「空き家のままだと、傷みが激しくなります。既存住宅の活用の方法の一つとして、家を手放さず人に貸し、家賃収入を得る“マイホーム借り上げ制度”があります」と話します。
これは、国土交通省が支援する「移住・住みかえ支援機構(JTI)」が運営する制度で、2006年4月に創設。住み替えを考えている50歳以上の人が持つ家をJTIが借り上げ、賃貸住宅として貸し出すというもので、昨年度より、和歌山県と県内市町村が、この制度を活用する取り組みを始めています。
県内では、同社などが家を貸したいと考えている人をサポートする、JTI協賛事業者として登録しています。
制度を利用するには、1981(昭和56)年6月1日以降の耐震性を満たしていることや、事業用の物件でないことが必要。契約すると、JTI協賛事業者のサポートで、賃貸査定を受けます。その後、制度を利用するとなったら、耐震性や水回りの設備に問題がないか判断するための診断をし、工事が必要な場合は、貸し手側の負担で補強・改修となります。1人目の入居者(3年ごとの契約)が決まると、貸すのをやめない限り、次の契約期間まで、その住宅が空き家になっていても、査定賃料下限85%がJTIから継続的に支払われます。
一方、借り手は、敷金・礼金が要らない上、良質な住宅を相場よりも安い値段で借りられます。
山下さんは「空き家を持ち、制度を利用しようかどうか迷っている人は、JTI協賛事業者に相談ください」と話しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1.  小学4年生から大人を対象とした「鉄道模型(Nゲージ)走行会」が、2月24日(日)午後2時…
  2. 趣味は? カラオケはよく行きます。レパートリーはJポップ全般ですが、ケミストリーやラルク…
  3.  和歌山県立自然博物館主催の「恐竜をさがせ!!」が、3月10日(日)午後1時~4時、白木海…
  4. 不思議な運命を背負った青年のラブストーリー  百田尚樹の小説が、神木隆之介、有村架純をキ…
  5.  講演会「福島第一原発事故から8年・原発のない社会をどう創(つく)る? 今、私たちにできる…

電子新聞 最新号

  1. 2019/2/14

    リビング和歌山 2月16日号

    リビング和歌山 2月16日号  和歌山市の北西部に位置する加太は、魅力ある観光資源がたくさんある反面…
バックナンバー

おすすめ記事

  1.  和歌山市の北西部に位置する加太は、魅力ある観光資源がたくさんある反面、“買い物難民”など住むには少…
  2.  「AGE(エー・ジー・イー)」という言葉を知っていますか?それは、体内のたんぱく質が“糖化”するこ…
  3. 「THE ROASTERS」(ザロースターズ)コーヒー焙煎士・神谷仁子さん 福島県郡山市で東日本…
  4. サルバ清拭剤(せいしょくざい)とサルバドライシャンプー(10人)  市民の防火・防災意識の向上を図…
  5. 2月3日は節分。「鬼は~外」「福は~内」の掛け声に合わせて豆をまき、一年間の厄を払う行事が各地で行…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る