和歌山市など71校の新1年生に 「こうつうあんぜんてちょう」を贈呈 リビングソーシャルプロジェクトの活動、4年目

交通安全への意識を高めて!

手帳の贈呈を受けた原教育長と、感謝状を手にした西田代表理事(左)

手帳の贈呈を受けた原教育長と、感謝状を手にした西田代表理事(左)

新小学1年生に配布される「こうつうあんぜんてちょう」

新小学1年生に配布される「こうつうあんぜんてちょう」

和歌山リビング新聞社が立ち上げた、社会貢献活動を行う一般財団法人リビングソーシャルプロジェクトは、昨年に続き「新小学1年生・交通安全キャンペーン2018」を展開。小学校の入学シーズンに合わせ、和歌山市、海南市、岩出市の小学校と義務教育学校71校の新小学1年生に交通事故傷害保険付き「こうつうあんぜんてちょう」を配布しました。

活動は、子どもから大人まで、それぞれの視点から交通安全への意識を高めてもらおうと、交通安全諸団体の協力と企業協賛により実施し、今年で4年目となります。

手帳はA6サイズ、16ページ。和歌山県警のシンボルマスコット「きしゅう君」が登場し、子どもたちに交通安全のルールやマナーをクイズ形式で分かりやすく伝える内容になっています。

また、保護者向けには、子どもを事故から守るためのポイントを紹介する他、交通安全年間スローガン(子ども部門)と、同キャンペーンの一環として募集した「交通事故防止標語」の入選作も掲載しています。

4月4日、和歌山市役所で手帳の贈呈式が行われ、同団体の西田弘代表理事が、原一起和歌山市教育長に、手帳を手渡しました。

原教育長が「子どもたたちにとって、とても分かりやすい内容。手帳を常に携帯し、自分自身で事故から身を守っていけるような指導をしていきたいです」と感謝を述べると、西田代表理事は「今後もさまざまな団体や企業と一緒に協力し合いながら、地域に貢献できるよう取り組んでいきます」と話しました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. ひろみちの会展
     榎本敬子さんが指導する絵画グループ・ひろみちの会の作品展「第16回ひろみちの会展」が、4…
  2. 桐の会展

    2018/4/19

    桐の会展
     和歌山県立桐蔭高等学校第1期~34期の卒業生による美術展「第12回桐の会展」が、4月25…
  3. 空き家に関するさまざまな情報が分かる 県がパンフレットを発行
    管理や活用の方法を分かりやすく紹介  人口減少や高齢化を背景に、数年前から「空き家」が社会…
  4. エトアール展

    2018/4/19

    エトアール展
     1926年に創設された、エトアール洋画会の作品展で、93回目を迎える「エトアール展」が、…
  5. おじいさんが枯れ木に灰をまくと、何が咲いたでしょう。間違えて答えなさい
    漫画家マエオカテツヤさんがお題を出題 子どもたちの自由な発想を紹介し、ツッコミます。 ★…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山4月21日号

    2018/4/19

    リビング和歌山 2018年4月21日号

    リビング和歌山 2018年4月21日号 昨年4月28日、「『最初の一滴』醤油(しょうゆ)醸造の発祥の…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山4月21日号
      昨年4月28日、「『最初の一滴』醤油(しょうゆ)醸造の発祥の地」として、国の日本遺産に認定され…
  2. リビング和歌山4月14日号
     香りや味が良く、最高級の品質だとして全国各地で栽培されている「真妻わさび」は、和歌山に起源があり…
  3. 日本の伝統的な発酵食品である味噌。季節に合わせて、おいしく、ヘルシーに暮らしに取り入れてみませんか。…
  4. 認証状を交付する尾花正啓市長と、受け取る平松加奈子さん

    2018/4/12

    防災Topics
    学生消防団活動認証制度開始 第1弾は4人に認証状を交付 若手の人材確保、地域と大学の交流、就職活動支…
  5. 和歌山市消防局・高度救助隊 消防司令補 梶本 敦司さん 国際緊急援助隊救助チームの一員としてメキシコ…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る