和歌山市など71校の新1年生に 「こうつうあんぜんてちょう」を贈呈 リビングソーシャルプロジェクトの活動、4年目

交通安全への意識を高めて!

手帳の贈呈を受けた原教育長と、感謝状を手にした西田代表理事(左)

手帳の贈呈を受けた原教育長と、感謝状を手にした西田代表理事(左)

新小学1年生に配布される「こうつうあんぜんてちょう」

新小学1年生に配布される「こうつうあんぜんてちょう」

和歌山リビング新聞社が立ち上げた、社会貢献活動を行う一般財団法人リビングソーシャルプロジェクトは、昨年に続き「新小学1年生・交通安全キャンペーン2018」を展開。小学校の入学シーズンに合わせ、和歌山市、海南市、岩出市の小学校と義務教育学校71校の新小学1年生に交通事故傷害保険付き「こうつうあんぜんてちょう」を配布しました。

活動は、子どもから大人まで、それぞれの視点から交通安全への意識を高めてもらおうと、交通安全諸団体の協力と企業協賛により実施し、今年で4年目となります。

手帳はA6サイズ、16ページ。和歌山県警のシンボルマスコット「きしゅう君」が登場し、子どもたちに交通安全のルールやマナーをクイズ形式で分かりやすく伝える内容になっています。

また、保護者向けには、子どもを事故から守るためのポイントを紹介する他、交通安全年間スローガン(子ども部門)と、同キャンペーンの一環として募集した「交通事故防止標語」の入選作も掲載しています。

4月4日、和歌山市役所で手帳の贈呈式が行われ、同団体の西田弘代表理事が、原一起和歌山市教育長に、手帳を手渡しました。

原教育長が「子どもたたちにとって、とても分かりやすい内容。手帳を常に携帯し、自分自身で事故から身を守っていけるような指導をしていきたいです」と感謝を述べると、西田代表理事は「今後もさまざまな団体や企業と一緒に協力し合いながら、地域に貢献できるよう取り組んでいきます」と話しました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. へちまスリッパ
    自然志向のスキンケア化粧品を展開する「ハウスオブローゼ」(本社=東京都港区)の夏季限定ロ…
  2. 古川 勤さん
    趣味は? 実家から30秒以内に海があったので、幼い頃から趣味は釣り。早朝からヒラスズキを…
  3. 2018/7/19

    絵本交換会
    和歌山おかたづけクラブによる、小学生までを対象とした絵本と児童書、子ども服の交換会「第3回…
  4. どうぶつしんちょうそくてい
     今日は、動物園の身長測定です。 ウサギ、カンガルー、キリン、ワニ、コウモリ、シロクマなど…
  5. 防犯フィルムを貼るなど、対策が大切 日本は世界でも、治安がいいと言われているものの、油断…

電子新聞 最新号

  1. 2018/7/19

    リビング和歌山 2018年7月21日号

    リビング和歌山 2018年7月21日号 「墓マイラー」とは、歴史上の人物や著名人の墓を巡って、故人の…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山7月21日号
     「墓マイラー」とは、歴史上の人物や著名人の墓を巡って、故人の足跡に思いをはせる人たちのこと。10…
  2. リビング和歌山7月14日号
    暑い夏ですが、夜は少しだけ風も心地よく感じられます。子どもたちも、夏休みに入ればちょっぴり夜更かし…
  3. 和歌山県キャンプ協会理事・林美由貴さん 非日常の自然の中で生き抜く術を身に付けて もし…
  4. 圧縮肌着セット
    圧縮肌着セット 男性用と女性用があり、各1836円。1つが約110×70×26mm いざというときに…
  5. リビング和歌山7月7日号
    天気予報で“猛暑日が続く”といった言葉を聞くと、涼を求めて川や海、プールなどに行きたくなりますよね…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る