夏を彩るインテリアコーディネート 素材や配色を組み合わせ 涼しさ、さわやかさを演出

「野菜づくり楽しみましょう」と話す田中さん

素材や配色を組み合わせ、夏らしさを演出。オレンジとブルーの“アカプルコチェア”(5万4000円)で涼しさがよりアップ

鮮やかな色合いで元気なイメージを

インテリアは季節やライフスタイルに合わせて自由に組み合わせを楽しめるのが魅力です。今回はこの夏おすすめの家具と雑貨を紹介。ライフスタイルストア「イン・ファクト・ビルダーズ」(和歌山市十二番丁)の下方聖司さんに、夏のコーディネートのコツを教えてもらいます。
「キーワードは、“涼しげ”や“さわやかさ”。素材と配色の組み合わせがポイントになります」と、下方さんはアドバイス。汗ばむ季節は、サラッとした肌触りで、吸放湿性のある麻の素材に注目。部屋のラグを麻素材に変えるだけで、部屋の雰囲気も涼しげに。
「オンリーワンのものを好むなら、編み方が一つ一つ異なる手づくりのラグを取り入れてみるのもいいですよね。色はどんな色とでも相性が良いベージュがおすすめ」と話します。
夏の夜は、室内はもちろん、テラスなどの屋外でもくつろぎたいもの。「そんなときは、メキシコの伝統的な織り物いすをモチーフにデザインされた“アカプルコチェア”を選んでみては(写真)。

繊細なラインに加え、腰をかけると身体にフィットし、ハンモックに座っているような座り心地。ポリ塩化ビニル製なので屋外でも使える上、通気性があるので涼しさもアップします。色は鮮やかなオレンジやブルーなどで元気なイメージを。壁にカラフルなアート作品を置くことで、色のバランスがとれます」と説明します。
他にも、物入れに竹かごを使ったり、かんきつやミント系などのフレグランスを置いたりして、夏らしさを演出。下方さんは「枠に捉われず、コーディネートを楽しんでください。迷ったときは店の人に相談を」と話しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. 使って楽しむ器展
     作家16人の個性あふれる器を集めた「使って楽しむ器展・カレー皿と器いろいろ編」が、10月…
  2. 堀川 雅和さん
    趣味は? サーフィンとアウトドアでBBQ、そして旅行。この夏は、6歳の長男が波乗りデビュー…
  3. イラストの、組体操の演技に名前をつけなさい
    漫画家マエオカテツヤさんがお題を出題 子どもたちの自由な発想を紹介し、ツッコミます。 ★…
  4. 多肉植物の寄せ植え教室
     オープンガーデンわかやま主催の「多肉植物の寄せ植え教室」が、10月27日(土)午前10時…
  5. KI-TO-RA陶芸教室
     「陶芸教室」が、10月23日(火)午前10時から、午後1時からの2回、ギャラリー木綿(ゆ…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月20日号

    2018/10/18

    リビング和歌山 2018年10月20日号

    リビング和歌山 2018年10月20日号 芸術の秋! 最近注目を集めている「臨床美術」を紹介します。…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山10月20日号
     芸術の秋! 最近注目を集めている「臨床美術」を紹介します。“絵を描くのは苦手”と思っている人も、…
  2. リビング和歌山10月13日号
     狙われています! 主婦や子育て中のママを誘う“副業”にまつわる悪質商法。スマホが主流となった昨今…
  3. 上段㊧から中尾比呂人さん、齊藤尚輝さん、藤本多敬さん、下段㊧から近藤忠仁さん、西川聖哲さん
    和歌山大学クリエプロジェクト「防災のつどぴ」が発足 災害から生き抜くために、自分たちができることは…
  4. 常備灯「ここだよライトS」(3人) コンセントに差し込んでおく充電式。地震や停電が起こると自動的に点…
  5. リビング和歌山10月6日号
     和歌山県で生まれた、平安時代の歌人・西行。松尾芭蕉をはじめ、多くの人に影響を与え、死後、数々の伝…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る