夏休みの体験学習として法務局を見学

地域貢献活動の一環として和歌山リビング新聞社が運営している「日本宇宙少年団(YAC)和歌山分団」。毎月行っている定期活動をレポートします。

夏休み中だった8月は、7日に社会見学として「和歌山地方法務局」(和歌山市二番丁)を訪問しました。この日は分団員29人が参加。全員で法務局がどんな仕事をしているのか説明を受けた後、2つのグループに分かれて移動。それぞれ、実際に測量機器を使って長さを図ったり、不動産登記について学びました。聞き慣れない言葉も多い中、分団員たちはしっかりと話に耳を傾けていました。最後に、法務局のマスコットキャラクター「人KENまもる君」「人KENあゆみちゃん」が登場。一緒に集合写真を撮影しました。

20150926yac

問い合わせ和歌山リビング新聞社
電話073-428-0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんから2000票ほど投票いただき…
  2. ハデ~なデコレーションに彩られて街を行き交うクルマ、はたまた同じ音楽が繰り返されて耳にフレーズが残…
  3.  寒い冬はつい活動量が減って運動不足になりがち。コロナ自粛も相まって、筋力低下が気になります。でも…
  4. 立春が過ぎ、暦の上ではもう春ですが、今冬は例年より冷え込みが厳しく、まだもう少し寒い日が続きそう。和…
  5. 2月2日(火)は節分の日。節分といえば、福徳をつかさどる歳徳神(としとくしん)のいる方角に向かって…

電子新聞 最新号

  1. 2021/2/25

    リビング和歌山2月27日号

    リビング和歌山2月27日号 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんか…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る