子どもに育ててもらうパパ

キッズステーションでパパと楽しく遊ぶ子どもたち。「ここへ来れば何とかなる」「育休中は子どもの面倒は私の仕事」「2人目出産の前後は妻がゆったりできるよう」「ママがいなくても大丈夫な環境をつくろうと企てられた、“パパ育て”の一環で」…など、ここに来るパパの理由はさまざま。わが子と遊んでいると、他の子も一緒にと、パパたちは変わっていきます。でも、遊ぶだけじゃなくて、昼食に昼寝、おしっこ、そしてママたちとの交流も。もちろん、ママに頼まれた買い物も忘れずに!パパたちの一言、「仕事より疲れます」。24時間営業休みなし、ママたちの子育てという仕事。父親の役割の一つに、子育ても仕事であることを自覚して、今日もがんばれ、パパたち。

(岡本瑞子)

著者子どもNPO和歌山県センター理事長。親と子どもが集まる「和歌山市つどいの広場キッズステーション」の代表
住所キッズステーション(和歌山市匠町29)
TEL073(402)0727
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんから2000票ほど投票いただき…
  2. ハデ~なデコレーションに彩られて街を行き交うクルマ、はたまた同じ音楽が繰り返されて耳にフレーズが残…
  3.  寒い冬はつい活動量が減って運動不足になりがち。コロナ自粛も相まって、筋力低下が気になります。でも…
  4. 立春が過ぎ、暦の上ではもう春ですが、今冬は例年より冷え込みが厳しく、まだもう少し寒い日が続きそう。和…
  5. 2月2日(火)は節分の日。節分といえば、福徳をつかさどる歳徳神(としとくしん)のいる方角に向かって…

電子新聞 最新号

  1. 2021/2/25

    リビング和歌山2月27日号

    リビング和歌山2月27日号 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんか…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る