子どもの小学校入学を機に独立 仕事は時間を決めて

RAB Design(ラビデザイン)
デザイナー 山本 知美さん

15年来の愛車「ビートル」に乗って、さっそうと現れたグラフィックデザイナーの山本さん。「車は結婚前からの趣味」と、今でもクラシックカーのイベントには参加しているそう。仕事は、子どもが小学校に入学したのをきっかけに独立。「何もかも自分でやらないといけないのは大変ですが、時間の融通が利くのはいいところ」と。一方、サボるのも没頭するのも自分次第なので、「仕事をするのは朝9時~夕方5時で原則土・日曜、祝日はお休み。ただ、納期は絶対なので、子どもが寝た後にやることもありますけどね」とルールを決めて働いています。

山本さん流
ワーキングママのおきて
優先しているのは、子どもと仕事の納期。夫は3交代勤務なので、休みに合わせて家族でお出掛け。大好きなミスチルのライブに行って自身のリフレッシュも!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1.  1月にオープンした「カレー工房あがら」。夜は名物のスープカレー(800円、写真)のほか、…
  2.  登校拒否・ひきこもりの子ども・青年を持つ和歌山県親の会主催の「第120回学習会・交流会」…
  3.  講演会「食事を変えて健康になる!」が、3月20日(水)に和歌山市立中央コミュニティセンタ…
  4. 時代を導く紀州の侍100人 『あがらの和歌山』第13弾を刊行 和歌山県内の主要書店で発売…
  5.  和歌山市第3在宅医療・介護連携推進センターの市民公開講座「いつかは死ぬんですが…整形の医…

電子新聞 最新号

  1. 2019/3/14

    リビング和歌山 3月16日号

    リビング和歌山 3月16日号  高齢化の進行と共に、認知症が社会問題になりつつある昨今。終活シリーズ…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 高齢化の進行と共に、認知症が社会問題になりつつある昨今。終活シリーズの第2弾は、認知症から資産を守…
  2. 全編和歌山をロケ地に撮影された映画が完成。和歌山県出身のミュージシャンをはじめ、ダンサー、芸人、ア…
  3. 駒場工務店 駒場一仁代表 命を守る「津波避難タワー」を設計・施工  東日本大震災以…
  4. 折りたたみ式ウオータータンク(10リットル)(10人)  市民の防火・防災意識の向上を図る「和歌山…
  5.  化学染料では出せない優しい色合いや、季節の移ろいを感じられるところが魅力の、ボタニカル・ダイ(草木…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る