安心して過ごせる場所

 とても元気な男の子。来る途中で拾った小石や葉っぱでポケットはいっぱい。わかばに着いてひと安心のママですが、今度はおもちゃの取り合いや小さな子の間を飛び回って、そのたびに「ダメ!」、周りには「ごめんなさい」と、ママはもうくたくたです。でも、それが子どもの姿じゃないのかなと先輩ママは思います。「いやいや」と言えるのは、そこが安全な場所だから。ママを信頼しているからと思ったら、少しほっとしませんか。昨年のクリスマス、すてきな集いがありました。病気や障害があっても、豊かに生きることができる地域づくりを目指して活動している方々。風のとおり道、誰もが過ごしやすい場所は、誰もがほっこりできる居場所になるはずです。     (新田立子)

著者子育て中の親が子ども連れで集まり、交流できる和歌山市子育て支援拠点の一つ「わかば」のスタッフ
住所わかば(和歌山市美園町5-9-1)
TEL073(428)2411
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「かけっこ」や「リレー」。“速く…
  2. 煮物では食べにくい冬瓜も、炒めてカレー味に、そしてチーズもトッピングすれば分からず食べちゃいます! …
  3.  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが、“保活”。まず何から始めれ…
  4.  故人の思い出が詰まった遺品の数々。整理する遺族の負担を減らすために生前の「断捨離(だんしゃり)」を…
  5. 3LED ヘッドランプ(10人)  これまで紹介した防災グッズの中でも人気商品の「ヘッドランプ」を…

電子新聞 最新号

  1. 2019/8/22

    リビング和歌山 8月24日号

    リビング和歌山8月24日号  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「か…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る