家づくりはじめてレポート①住宅展示場をフルに活用 何度も足を運び、イメージを膨らませて!

20170218housing01
“そろそろマイホームを”と思ったら、まずはさまざまな家を見て、情報を入手することが大切。モデルハウスが集まった住宅展示場は、各メーカーの住宅を効率良く見学できる便利な場所です。今回から始まる「家づくりはじめてレポート」。家づくりの第一歩ともなる住宅展示場や完成見学会などを訪問し、フルに活用するコツを伝えます。

伺ったのは、KTVハウジング和歌山総合住宅展示場のセンターハウス(和歌山市小雑賀)。展示場の中心的な施設で、案内所のような役割を持っています。モデルハウスに向かう前にセンターハウスに立ち寄ると、展示場内の配置図や情報を入手できる他、定期的に不動産相談会や親子で楽しめるイベントが開かれています。

まず、初めて展示場を訪れる際、何を準備していけばいいのでしょう。

各メーカーの住宅が並ぶ展示場

各メーカーの住宅が並ぶ展示場


同センターの町田吉弘さんは「筆記用具の持参をおすすめします。営業マンの説明やメーカーの特長など、メモを取ることで、後で確認する際に役立ちます。また、事前に家族で理想の家について話し合い、予算や立地場所、間取りなどの条件をまとめておくとスムーズに話が進みます」とアドバイス。でも、初めて家を建てる人は理想を描きにくいことも。

町田さんは「たくさんの住宅を回り、分からないことがあれば、どんどん質問しましょう。次第にイメージが膨らみます。大きな買い物なので、じっくりと選んでください」と話しています。

2月26日(日)まで「理想の住まいづくり応援フェア」を開催中。アンケートに応えるとプレゼントもあり。詳しくは問い合わせを。※ホームページでも確認できます

和歌山総合住宅展示場 073(488)7841
わかやま岩出住宅展示場 0736(69)5167

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

リビングフェスタ2017
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 今週号は、“Good Life(上質な暮らし)”を提案する特集をお届け。高級品とされる“…
  2. 2本のポールを使って歩くノルディックウオークの愛好者が増えています。ポールを使うことで全…
  3. 作家17人の作品展「使って楽しむ器展・小鉢と小皿編」が、10月24日(火)~11月5日(…
  4. JR布施屋駅(和歌山市布施屋)から和歌山電鉄伊太祈曽駅(同市伊太祈曽)まで、約7kmの熊野…
  5. 明治初期に建設された友ケ島灯台(和歌山市加太)の「一般公開」が、10月21日(土)午前10…

電子新聞 最新号

  1. 2017/10/19

    リビング和歌山2017年10月21日号

    リビング和歌山 10月21日号 今週号は、“Good Life(上質な暮らし)”を提案する特集をお届…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 今週号は、“Good Life(上質な暮らし)”を提案する特集をお届け。高級品とされる“丹波の黒豆…
  2. 日本の伝統的な発酵食品であるみそ。季節に合わせて、おいしく、ヘルシーに暮らしに取り入れてみませんか。…
  3. 和歌山リビング新聞社は、秋の恒例イベントを開催します。和歌山マリーナシティを舞台に、さまざまな催し…
  4. 和歌山災害救助犬協会理事長 榎本 義清さん 直下型地震は冷蔵庫が飛ぶ?! 自分の身を守って 災害救助…
  5. 3LED ヘッドランプ(5人) 雨の中でも使える防雨形。連続使用時間は約30時間、64×59×49m…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る