平和酒造「紀土」

 平和酒造(海南市溝ノ口)の「紀州の風土に育まれたお酒」をコンセプトに、「KID(キッド)=子どものように自由で天真らんまんな味」をイメージした日本酒「紀土」は、県内外で“和歌山の銘酒”として人気を集めています。飲食店で口にする機会は多々あるけれど、「目の届く範囲でわが子を」という蔵元の意向で販売は特約店に限られていて、地元でも意外と入手困難。「ご自宅用、贈答用によくお問い合わせをいただいていまして。ようやく当百貨店で取り扱いができるようになりました」と、広報担当の古川勤さん。720ml1512円から。 

取材協力=近鉄百貨店和歌山店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 立野
    野菜のプロフェッショナル 立野眞生(たての まさお) ■プロフィール 1975年、和歌山県生まれ…
  2.  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚れなどが気になってきます。また…
  3. スピードクーラー (レギュラータイプ)(10人)  全国的に夏日が続いています。暑い夏に、もし災害…
  4. 花や木がいきいきと育つ、みずみずしい季節になりました。今回は、世界三大○○として認められている、ジャ…
  5. 世界初の実用的カメラが誕生して今年で180年。写真技術の進化には和歌山県の企業も深く関わっています…

電子新聞 最新号

  1. 2019/6/13

    リビング和歌山 6月15日号

    リビング和歌山 6月15日号  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る