所有している土地を売りたいとき まずは資産の価値を確認してみましょう

眠らせておくのはもったいない! 不動産活用術①

所有している土地を売りたいとき
まずは資産の価値を確認してみましょう

まずは不動産会社に相談を

末吉亜矢さん

末吉亜矢さん


せっかくマイホームを購入したのに、結婚や転勤などで、不測の事態が発生。そんなとき、マイホームを売りますか、それとも貸しますか?それぞれにメリットとデメリットはあるけれど、なるべく損はしたくないものです。

「売る」か「貸す」かの決め手はどこにあるのでしょうか。「エリアや立地の特性により、売るのに適している物件、貸すのに適している物件があるので、まずは所有している物件が、どちらに適しているかを知ることが大切」とアドバイスするのは、和歌山県宅地建物取引業協会の広報啓発委員長・末吉亜矢さん。2回にわたり、ポイントを伺います。

第1回のテーマは「売りたいとき」。一般的に建物は築年数が経つほど、資産価値が下がり、高い条件で売ることが難しくなります。使わない建物を持っていても、戸建てならば草刈りなどの管理に掛かる費用の他、固定資産税が必要。つまり、使わない建物や土地を所有し続けることが、デメリットになることもあります。

では、売ることのメリットはどうでしょう。

末吉さんは「仲介手数料や登記費用などの諸費用は掛かりますが、収入として売却代金が入る上、今まで必要だった管理に掛かる費用がいらなくなります(表参照)。売却を決めたら、土地建物の謄本を持って、不動産会社に相談を」と話します。

不動産会社は、査定後、金額を提示。その金額に納得すれば、媒介契約を結びます。媒介契約は、複数業者に仲介を依頼する“一般”、1社に任せて自分でも探す“専属”、1社だけに任す“専属専任”の3種類。「物件は、広告の他、不動産の情報サイトにも登録されるので、個人で売るよりも、不動産会社と媒介契約した方が有利になります」と説明。

気になることがあれば、同協会が毎月開いている「無料相談会」を利用するのもおすすめです。

売った場合の収支

得られる収入

  • 売却代金

掛かる支出

  • 仲介手数料
  • 所得税
  • 登記費用
  • 所得税(譲与益が出た場合)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

 

おすすめ記事

  1. 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い経験はありませんか。コロナ…
  2. 和歌山市の中心地、伏虎中学校跡地に建設が進められてきた和歌山県立医科大学薬学部が完成しました。4月…
  3. 日本でドライブスルーといえばハンバーガーチェーンに始まり、牛丼チェーン、コーヒーチェーン…と、これ…
  4. 今年も桜の季節が到来。桜といえば春を感じる行事、お花見!ですが、大勢でにぎやかに楽しむ“お花見宴会…
  5. 子どものころ誰しもお世話になった学校給食。懐かしくもあり、ちょっぴり苦い思い出という人もいると思い…

電子新聞 最新号

  1. 2021/4/8

    リビング和歌山4月10日号

    リビング和歌山4月10日号 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る