新ドラマ初回つぶしの 最強の裏番組とは!?

テレビのツムジ

新ドラマ初回つぶしの
最強の裏番組とは!?

秋ドラマが続々と始まる中、今回はその裏番組に注目したい。新ドラマの初回はどれも力が入っている。今後も見てもらえるか、1回目はその試金石となっているからだ。となれば、ライバル局は、それを見せないようにつぶしにかかる。自局の強力なコンテンツで、他局の新ドラマへの流入を防ぐのだ。人気バラエティーの長時間スペシャルや新作映画のテレビ初放送などがそれ。他にも、子どもにおつかいを頼んだり、芸能人が体力を競ったり、人気の不定期特番をぶつけるケースも。中でも、費用対効果が高いのが、「2週連続○○祭り」などの映画シリーズ一挙放送系。放映権だけで、ある程度の視聴率が望める。今年は9月末に放送されたが、特に日テレ系のジブリ祭りは強い。「天空の城ラピュタ」は、30年以上前の作品なのに、再放送は17回。どれも、ほぼ15%を超える高視聴率をたたき出している。こんな他局つぶしが、風物詩となっているテレビ業界。そんなつぶしに耐えられるように、僕の担当番組は、もっとお金をかけるべきだろう。ついでに、僕のギャラもアップして。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「す・またん」「かんさい情報ネットten.」「土曜はダメよ」、ABCラジオ「桑原征平粋も甘いも」などの番組構成を担当中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

リビングフェスタ2017
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 造形作家・友田多恵子さんの個展「紙の軌跡Vol.19曲げる曲がる・楮(こうぞ)で漉(す)…
  2. 講習会「0.5wool(ウール)で編む帽子」が、10月26日(木)、29日(日)、11月…
  3. 和歌山ハピネス花倶楽部(クラブ)&山の幸染め会の「しあわせ色の…山の幸染め&押し花展示会」…
  4. 2017/10/19

    小梅忌
    幕末から明治にかけての日常がつづられた「小梅日記」著者・川合小梅をしのぶ「第10回小梅忌」…
  5. 注目を集める卓球男女混合ダブルスが題材 テレビドラマ「リーガルハイ」シリーズの脚本家・古…

電子新聞 最新号

  1. 2017/10/19

    リビング和歌山2017年10月21日号

    リビング和歌山 10月21日号 今週号は、“Good Life(上質な暮らし)”を提案する特集をお届…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 今週号は、“Good Life(上質な暮らし)”を提案する特集をお届け。高級品とされる“丹波の黒豆…
  2. 日本の伝統的な発酵食品であるみそ。季節に合わせて、おいしく、ヘルシーに暮らしに取り入れてみませんか。…
  3. 和歌山リビング新聞社は、秋の恒例イベントを開催します。和歌山マリーナシティを舞台に、さまざまな催し…
  4. 和歌山災害救助犬協会理事長 榎本 義清さん 直下型地震は冷蔵庫が飛ぶ?! 自分の身を守って 災害救助…
  5. 3LED ヘッドランプ(5人) 雨の中でも使える防雨形。連続使用時間は約30時間、64×59×49m…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る