知っておきたい住宅の基礎知識~戸建ての選択肢②~ やっぱり憧れの注文住宅 デザインに加え、性能にこだわる

予算は膨らむ傾向に、妥協も必要

 憧れのマイホーム。和歌山県では、「マイホーム=一戸建て」が主流な中、新築を“建てる”か“買う”か、中古をリノベーションするかは、予算や価値観、住まい方によって人それぞれ。「戸建ての選択肢」シリーズの第2回は、“質にこだわる、美しい暮らし”をコーディネートする「ユニテクノス建築設計事務所」(和歌山市匠町)の北村雅信代表に、「注文住宅(フルオーダー)」について聞きました。

注文住宅は理想の家が実現

 「オーダーメードで服をつくるのか、大量生産の既製服を買うのか…。生地から選んで仕立てるとコストも時間もかかりますが、こだわりが反映され、ジャストサイズに仕上がります。既製服はピンからキリまでありますが、大衆に好まれるデザインで、特定のサイズが用意されています。住宅もそれと同じです」と北村さんは説明。

 注文住宅といえば、なんといっても自由設計が魅力。予算と法律が許せば、よほどの無茶を言わない限り、どんな家でも建てられます。間取りからはじまり、木材や断熱材、窓の種類といった仕様まで、新築に関わるすべての項目について、事細かに施主の意向を聞いて建築士が設計。図面でのやりとりのため、完成形がイメージしにくいとの声もありますが、「今は、パースのクオリティーがすごく高いので、そういう心配は不要」ときっぱり。

 とはいうものの、一からすべて決めていかないといけないので、“理想の家”を具現化するためには、建築士との入念な打ち合わせが不可欠。また、あれもこれも盛り込むと、予算は膨らむばかりで、「こだわるところと妥協するところ、どう折り合いをつけていくかが大事。そのあたりは、建築士の提案に耳を傾けて」とアドバイスします。

 また、最近の傾向として、デザインに加え、性能にこだわる人が増えているのだそう。「特に若い人は、“省エネ”という言葉に敏感。車の燃費を気にされるのと同じ感覚で、生涯で考えると絶対に省エネ住宅の方がお得に住めますから。皆さん、ムダに大きな家を求めず、高性能なおうちを建てられます」と教えてくれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが、“保活”。まず何から始めれ…
  2.  故人の思い出が詰まった遺品の数々。整理する遺族の負担を減らすために生前の「断捨離(だんしゃり)」を…
  3. 3LED ヘッドランプ(10人)  これまで紹介した防災グッズの中でも人気商品の「ヘッドランプ」を…
  4.  季節の変わり目は体調を崩しがち。普段から食べるものにも気をつかっておきたいもの。薬膳料理はそんな人…
  5.  梅雨も過ぎ、すっかり夏本番。じりじりと暑い日は、ツルッとのど越しさわやかな「冷やし麺」を食べません…

電子新聞 最新号

  1. 2019/8/15

    リビング和歌山 8月17日号

    リビング和歌山8月17日号  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る