磯の浦、ビーチのバリアフリーを目指し ビーチマットと水陸両用車椅子

磯の浦、ビーチのバリアフリーを目指し
ビーチマットと水陸両用車椅子
7月16日(祝)と8月18日(土)にはビーチマットが砂浜に

水陸両用車椅子の講習会に参加したメンバーたち

砂浜に敷かれたビーチマット

この夏、磯の浦海水浴場を管理する「マリンパーク磯の浦」(代表=杉本慶蔵)が、車椅子やベビーカーでも砂浜を楽に移動できるビーチマットと、水陸両用の車椅子(ヒッポ・キャンプ)を同海水浴場に導入しました。

通常の車椅子は車輪が細く、砂浜などでは沈んでしまい、移動が困難。ヒッポ・キャンプは前輪1つと後輪が2つで、どれも太く、砂浜でも移動が可能。車体はアルミ製で軽く、水に浮くので、乗ったまま海に入って水遊びもできます。

海開き直前の6月30日には、マリンパーク磯の浦とライフセービングクラブ、和歌山県サーフィン連盟のスタッフ6人がヒッポ・キャンプの講習を受講。利用の希望があれば、この6人が対応に当たります。「連絡をいただければ、相談にのりたい」と話す、マリンパーク磯の浦のスタッフ・増井綾乃さん(利用希望は下記へ連絡)。

また、ビーチマットは1枚10㍍で10枚をつなげ、堤防から波打ち際まで100㍍、一直線に砂浜の上に固定。「これまで、海に来ても堤防までしかこれなかった人でも、海の近くに来て、潮の香りや波の音などを感じてほしい」と、増井さん。小さい赤ちゃん連れも、マットがあればベビーカーで砂浜まで連れて来ることができ、「少しは移動も楽になります」とも。今年の夏は、7月16日(祝)と8月18日(土)の2日間に、ビーチマットを砂浜に設置する予定。自由に利用できます。

新たな飼い主に! 譲渡会と講習会

問い合わせマリンパーク磯の浦
電話tel.073(452)2737
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 母乳育児の大切さを学ぶ、わかやま母乳の会の「第12回講演会・母乳育児支援・産後の母乳外来」…
  2. 不登校などで、新しい学びの場を探している親子の交流会と講座「多様な教育×親子交流会」が、7…
  3. 古川 勤さん
    趣味は? 実家から30秒以内に海があったので、幼い頃から趣味は釣り。早朝からヒラスズキを…
  4. 防犯フィルムを貼るなど、対策が大切 日本は世界でも、治安がいいと言われているものの、油断…
  5. リビング和歌山7月21日号
     「墓マイラー」とは、歴史上の人物や著名人の墓を巡って、故人の足跡に思いをはせる人たちの…

電子新聞 最新号

  1. 2018/7/19

    リビング和歌山 2018年7月21日号

    リビング和歌山 2018年7月21日号 「墓マイラー」とは、歴史上の人物や著名人の墓を巡って、故人の…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山7月21日号
     「墓マイラー」とは、歴史上の人物や著名人の墓を巡って、故人の足跡に思いをはせる人たちのこと。10…
  2. リビング和歌山7月14日号
    暑い夏ですが、夜は少しだけ風も心地よく感じられます。子どもたちも、夏休みに入ればちょっぴり夜更かし…
  3. 和歌山県キャンプ協会理事・林美由貴さん 非日常の自然の中で生き抜く術を身に付けて もし…
  4. 圧縮肌着セット
    圧縮肌着セット 男性用と女性用があり、各1836円。1つが約110×70×26mm いざというときに…
  5. リビング和歌山7月7日号
    天気予報で“猛暑日が続く”といった言葉を聞くと、涼を求めて川や海、プールなどに行きたくなりますよね…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る