第52回天才!こどもりあん

漫画家マエオカテツヤさんが出題
子どもたちの自由な発想を紹介し、ツッコミます。

 今回は、新年特別版「天才! こどもりあん」お蔵だしスペシャル。今まで寄せられた応募作品の中から、スペースの関係で載せられなかったものや、落選し、やむなくお蔵入りしたものまで、力作たちを一挙公開します。
※表記年齢は投稿当時

 

勇成(10歳)
おもちの中にいるカメムシにもきくんだもんなあ。すっごい蚊取り線香だっ!

勇成(10歳)
勇成くんはいつもおまけのイラストをつけてくれるんだよなあ。うでニョキ夫がさらに引き立つよなあ

理智(11歳)
おかしな物で、おかしって、おかしな話(笑)

りほ(6歳)
夢に出てきたオバケが、そのまま出ちゃったんだな…

美紀(53歳)
このキノコ、土から出てきた頃はショーヒゼサンパロウだったのに、あれよあれよという間にハッパロウ、そして今度はジュッパロウ…。まるで出世魚のようだな

次回のお題

小学生の回答募集中

対象は小学6年生までの子ども。切り取ったものをハガキの裏に貼るか封書で応募を(回答を写真に撮り、メールでの応募も可)。〒住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、下記へ。2月1日(金)必着

次回は2月16日号を予定

ご応募

郵便番号640-8557(住所不要)
宛先和歌山リビング新聞社 「天才! こどもりあん」係
メールアドレスliving@waila.or.jp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  子どもの“理科離れ”が叫ばれるようになって久しいですが、本来、好奇心が旺盛な小学生は観察や実験が大…
  2.  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届いているのでしょうか。また、連日…
  3. 常備灯 「ここだよライトS」(5人)  豪雨災害が出るなど、まとまった雨が降ることが多く、心配にな…
  4.  睡眠は健康を維持するためには欠かせません。そのためにも寝具にもこだわりたいもの。特にマットレスは快…
  5.  小学校の校舎をリノベーションして、和歌山市に2つの大学が誕生しています。地域に親しまれてきた場所が…

電子新聞 最新号

  1. 2019/7/18

    リビング和歌山 7月20日号

    リビング和歌山 7月13日号  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届い…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る