第52回天才!こどもりあん

漫画家マエオカテツヤさんが出題
子どもたちの自由な発想を紹介し、ツッコミます。

 今回は、新年特別版「天才! こどもりあん」お蔵だしスペシャル。今まで寄せられた応募作品の中から、スペースの関係で載せられなかったものや、落選し、やむなくお蔵入りしたものまで、力作たちを一挙公開します。
※表記年齢は投稿当時

 

勇成(10歳)
おもちの中にいるカメムシにもきくんだもんなあ。すっごい蚊取り線香だっ!

勇成(10歳)
勇成くんはいつもおまけのイラストをつけてくれるんだよなあ。うでニョキ夫がさらに引き立つよなあ

理智(11歳)
おかしな物で、おかしって、おかしな話(笑)

りほ(6歳)
夢に出てきたオバケが、そのまま出ちゃったんだな…

美紀(53歳)
このキノコ、土から出てきた頃はショーヒゼサンパロウだったのに、あれよあれよという間にハッパロウ、そして今度はジュッパロウ…。まるで出世魚のようだな

次回のお題

小学生の回答募集中

対象は小学6年生までの子ども。切り取ったものをハガキの裏に貼るか封書で応募を(回答を写真に撮り、メールでの応募も可)。〒住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、下記へ。2月1日(金)必着

次回は2月16日号を予定

ご応募

郵便番号640-8557(住所不要)
宛先和歌山リビング新聞社 「天才! こどもりあん」係
メールアドレスliving@waila.or.jp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. カキといえば広島県や宮城県が有名ですが、昨年から和歌山県内で新たにカキの養殖に取り組むエリアが増え…
  2.  和歌山は全国でも有数のショウガの産地です。ショウガには、血行を促進し、身体を温め、代謝を高めるなど…
  3.  文化財に指定されている住宅を訪ねてみませんか。建築様式や残されている調度品、家そのものの香りなど…
  4.  今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取り組みが進むことが期待さ…
  5. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019」が、11月9日(土)~12日(火)の期間、和歌山県内で開催…

電子新聞 最新号

  1. 2019/11/21

    リビング和歌山 11月23日号

    リビング和歌山11月23日号 カキといえば広島県や宮城県が有名ですが、昨年から和歌山県内で新たにカキ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る