経験をもとにした物語で導く やさしさと思いやりの世界 和歌山市の髙田友紀子さんが絵本を制作

書店や福祉施設で自著の読み聞かせも

 人生観を変えた輝かしい経験。差別を受けた歯がゆさや悲しさ。ページをめくるたびに、作者の思いを代弁する登場人物の豊かな感情が、読み手に伝わってきます。

「絵本を通して障害者と健常者の壁を少しでもなくしたい」と話す髙田さん。イラストは姉の鮫島裕美子さんが担当

 和歌山市在住の髙田友紀子さんが、児童文学作家・たかだゆき子として4月にデビュー。『はじめてのうみ』と『やさしいきもち』を2冊同時に出版しました。生まれつき肢体に障害があり、幼少のころから家庭で絵本を楽しむ環境が整っていたという髙田さん。「母に読んでもらったり、姉や双子の兄と一緒に絵本を手作りしたり。大人になってからは読み聞かせグループに参加するなど、絵本はいつもな存在でした」と話します。

 いつか自分の絵本が作れたら―。子どものころからの夢が現実に変わったきっかけは、昨夏に初めて体験した、磯の浦海水浴場での車いすの海水浴。海を五感で楽しめ、「『つらいことがあっても生きていてよかった』と心から思えました」。この経験をもとに、絵本制作に挑戦し、完成したのが『はじめてのうみ』です。

 一方、『やさしいきもち』は、障害があることで差別を受けたときの思いを表現。「私の絵本を通して、障害の有無に関わらず、幼いことから優しさを育む大切さを感じてもらえれば」と話します。

 書店などで自著を読み聞かせするとき、「子どもだけじゃなく、立ち止まって聞いてくださる大人の方もいます」と髙田さん。「『車いすに乗っている人にどのように接すればいいか分からなかったけど、やさしい気持ちがあればいいと絵本から学びました』と、声を掛けてくれてうれしかったですね」

 『はじめてのうみ』28ページ、1404円。『やさしいきもち』40ページ、1620円。ツタヤウェイガーデンパーク和歌山店、宮脇書店和歌山店などで販売。また、読み聞かせの情報は髙田さんのブログ(https://yukkorin-love8.amebaownd.com/)で随時公開中です。

たかだゆき子さんの絵本を読者4人にプレゼント
【応募方法】〒住所、氏名、年齢、電話番号、希望の絵本のタイトルを明記し、〒640-8557(住所不要)和歌山リビング新聞社「たかだゆき子絵本」係、またはliving@waila.or.jpの同係へ。7月10日(水)必着。当選発表は発送をもって代えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い経験はありませんか。コロナ…
  2. 和歌山市の中心地、伏虎中学校跡地に建設が進められてきた和歌山県立医科大学薬学部が完成しました。4月…
  3. 日本でドライブスルーといえばハンバーガーチェーンに始まり、牛丼チェーン、コーヒーチェーン…と、これ…
  4. 今年も桜の季節が到来。桜といえば春を感じる行事、お花見!ですが、大勢でにぎやかに楽しむ“お花見宴会…
  5. 子どものころ誰しもお世話になった学校給食。懐かしくもあり、ちょっぴり苦い思い出という人もいると思い…

電子新聞 最新号

  1. 2021/4/8

    リビング和歌山4月10日号

    リビング和歌山4月10日号 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る