育ち合う子どもたち

ぐるんぱ周辺で捕まえてきたセミ、カニ、バッタ…。怖がって近づくことさえできない3才のA君。スタッフやママが「大丈夫だよ」と触って見せても警戒心は解けません。けれど、後からやってきた同い年の元気なB君が、事もなげに虫にタッチ。その様子を見て、A君はつられるように自然に虫に触ることができました。ママたちからもすごい!と言ってもらい、キラキラした表情になります。大人たちが何度誘っても、トイレに行くのを固く拒否していた子が、他の子のオシッコをしている様子を見たとたんに便座に座ったり、そんなことがぐるんぱで日々起きています。集団の中で子ども同士が影響し合い、育ち合う姿は、いつも私たちをわくわくさせてくれます。

(佐藤百子)

著者子育て中の親が子ども連れで集まり、交流できる「和歌山市つどいの広場」の一つ「ほっとルームぐるんぱ」のスタッフ
住所ほっとルームぐるんぱ(和歌山市福島487)
TEL073(452)2303
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. “味良し”“値良し”“種類多し”の3拍子そろったスーパーの惣菜に、日々助けてもらっている主婦も多いの…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済へ不安を抱えている中、和歌…
  3. 自分の心と仲良くなれる方法を知ってしなやかに新しい時代を生きる 今までにない日々の過ごし方が余…
  4. 花束の形は大きく分けて2種 仕上がりをイメージ、花の特徴を生かして 花束の形は大きく分けて、全ての…
  5. 不要不急の外出自粛が求められる中、学校もお休み、仕事もテレワークと、“巣ごもり生活”を余儀なくされ…

電子新聞 最新号

  1. 2020/5/28

    リビング和歌山5月30日号

    リビング和歌山5月30日号 “味良し”“値良し”“種類多し”の3拍子そろったスーパーの惣菜に、日々助…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る