育ち合う子どもたち

ぐるんぱ周辺で捕まえてきたセミ、カニ、バッタ…。怖がって近づくことさえできない3才のA君。スタッフやママが「大丈夫だよ」と触って見せても警戒心は解けません。けれど、後からやってきた同い年の元気なB君が、事もなげに虫にタッチ。その様子を見て、A君はつられるように自然に虫に触ることができました。ママたちからもすごい!と言ってもらい、キラキラした表情になります。大人たちが何度誘っても、トイレに行くのを固く拒否していた子が、他の子のオシッコをしている様子を見たとたんに便座に座ったり、そんなことがぐるんぱで日々起きています。集団の中で子ども同士が影響し合い、育ち合う姿は、いつも私たちをわくわくさせてくれます。

(佐藤百子)

著者子育て中の親が子ども連れで集まり、交流できる「和歌山市つどいの広場」の一つ「ほっとルームぐるんぱ」のスタッフ
住所ほっとルームぐるんぱ(和歌山市福島487)
TEL073(452)2303
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取り組みが進むことが期待さ…
  2. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019」が、11月9日(土)~12日(火)の期間、和歌山県内で開催…
  3.  松阪牛、近江牛、神戸牛…、これまで“高級肉”といえば、サシがたっぷり入った霜降り肉が主流でしたが…
  4.  頼宣が和歌山に入国してから400年。10月19日(土)~11月24日(日)、和歌山県立博物館、和…
  5.  植物性の乳酸菌が含まれているキムチ。腸内環境を整えるほか、美肌や疲労回復効果もあるとか。また店それ…

電子新聞 最新号

  1. 2019/11/7

    リビング和歌山 11月9日号

    リビング和歌山11月9日号 今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る