黒豆の里「鞆渕(ともぶち)」 がんこ農家の挑戦

今週号は、“Good Life(上質な暮らし)”を提案する特集をお届け。高級品とされる“丹波の黒豆”と比べても引けを取らない紀州鞆渕産“がんこ農家の黒豆”。希少価値の高い秋の味覚「黒枝豆」が旬を迎えています。

原産地表示をきっかけにブランド化へ
黒枝豆が味わえるは10月の数週間

紀の川市南東に位置する山あいの集落・鞆渕地区。標高400mの山間部で、昔ながらの方法で育てられる〝がんこ農家の黒豆〞は、全国的に有名な丹波篠山産に勝るとも劣らないと評判です。

鞆渕地区では、40年近く前から、昼夜の寒暖の差が大きいことを生かして「黒豆」を栽培していますが、〝鞆渕産〞として日の目を見るようになったのは、ここ数年のこと。

「昔から粒が大きく、品質の良い黒豆を作っていましたが、ノンブランドで出荷していたため、知られることはありませんでした。農産物の原産地表示が義務化されたこともあり、2006年からブランド化する活動を始めました。それが〝がんこ農家〞です」。鞆渕黒豆部会の井中啓泰会長はこう説明します。

ところで、皆さんはお正月のおせち料理以外で「黒豆」を食べますか?「黒枝豆」と答えた人はかなりの食通。「黒豆」が成熟する前に収穫されたものが「黒枝豆」で、「枝豆(大豆)」は、ビールがおいしい7〜8月に最盛期を迎えるのに対し、「黒枝豆」は今が旬。しかも、味わえるのは、10月の2〜3週間で、中でも〝がんこ農家の黒枝豆〞は、流通量が少なく、地元のスーパーや産直市場などごく限られた市場でしかお目にかかれません。

確かな品質でブランド価値を浸透

今が旬の「黒枝豆」。流通量・期間が短いため“幻の枝豆”とも

30軒の農家で生産量は年間8トン
むらおこしプロジェクトで認知度向上

種まきも収穫も手作業。手間ひまかけて育てます


現在、鞆渕地区で黒豆を作っている“がんこ農家”は約30軒で、黒枝豆は約6トン、乾燥黒豆は約2トン生産しています。“がんこ農家”が育てているのは、早生(わせ)品種の「丹波の香」と晩生(おくて)の「丹波黒」の2種。「丹波の香」は10月初旬にすべて枝豆用として、「丹波黒」は10月中旬に枝豆、11月に黒豆が収穫されます。

「6月の種まきから11月の収穫まで手間ひまかけて栽培し、煮豆用の黒大豆は、豆本来のおいしさを生かすため、機械乾燥ではなく天日干しします。選別作業も一粒一粒手作業で行って、極上品だけを出荷するのが、“がんこ農家”。そうすることで品質を保っています」と、井中さんは話します。

「本当は、ビールがおいしい時期に枝豆を作りたいんですけどね。枝豆といえばやっぱりビールでしょ?!その方がもっと認知してもらえると思うんです。でも、品種の特性なのか、早く植えても育たないんです」と。一般的に煮豆用の黒大豆は大粒のものが好まれ、「丹波黒」は世界最大といわれる大粒種。そこにはこだわりがあり、品質にも絶対の自信があります。しかしながら、“丹波の黒豆”のような“ブランド力”がなかったため、かつては買い付け業者に主産地の3分の1程度の価格で販売していたそう。

長らくそうした状況が続いていましたが、2006年、地元の農家たちが立ち上がります。農家所得の向上と産地活性化を図るため、和歌山県の「和歌山ベジフルストーリー開発支援事業」を受け、ブランド化を検討。“がんこ農家”の商標権を取得しました。08年には、鞆渕黒豆部会とJA紀の里、紀の川市、県那賀振興局で「ともぶち地域活性化実行委員会」を組織し、「黒豆の里・むらおこしプロジェクト」が始動します。

畑の一区画で、黒豆の定植、黒枝豆・黒豆の収穫を体験してもらう農業体験イベントを毎年開催。さらに、販路開拓のため、食品加工会社などに働きかけ、数々の“黒豆スイーツ”も誕生しました(下記参照)。郵便局の「ふるさと小包」での取り引きも成立し(今年の黒枝豆の受け付けは終了しています。黒大豆、黒大豆煮については下記参照)、この10年で“がんこ農家の黒豆”は広く知れ渡るようになりました。

一方で問題も出てきています。「丹波に行って黒豆の畑を見せてもらったことがありますが、それはそれは広大な土地。山里の鞆渕でこれ以上畑を広げることはできず、後継者問題もあって生産量を増やすことは難しいのが現状です」と井中さん。

需要が拡大し、ますます希少価値が高まりつつある“がんこ農家の黒豆”。JA紀の里によると、黒枝豆は10月下旬まで販売しているとのこと。今宵(こよい)の晩酌のあては“幻の枝豆”に決まり!

農作業体験は今年で10回目を迎えました

「鞆渕がんこ農家の○友(まるとも)黒大豆」


JA紀の里のファーマーズマーケットで10月下旬まで販売。ただし数に限りがあり早々に売り切れることも

問い合わせ めっけもん広場
住所 紀の川市豊田56-3
電話 0736(78)3715
営業時間 午前9時~午後5時
定休日 第1火曜
ホームページ http://www.ja-kinosato.or.jp/01_mekkemon
問い合わせ OINACITY(オイナシティ)
住所 岩出市荊本20
電話 0736(62)8313
営業時間 午前9時~午後6時半
定休日 第1水曜
ホームページ http://www.ja-kinosato.or.jp/facility/oinacity


来年のおせち料理にいかがですか?11月から受け付け開始予定。郵便局でカタログ販売申込書を配布しています(一部簡易郵便局は取り扱いなし)。詳細は商品提供者のJA紀の里に問い合わせてください

問い合わせ JA紀の里鞆渕選果場
電話 0736(79)0026
営業時間 午前8時半~午後5時
定休日 土・日曜、祝日

がんこ農家の黒豆スイーツ

黒豆せんべい 450円(8枚入り)


愛情たっぷり無添加の手焼きせんべい。黒豆は蒸してオーブンで焼き、水分を飛ばして使用。生地にも黒豆を練りこんでいます

鶴姫の気持ち 450円(15枚入り)


「黒豆せんべい」をコンパクトにしたサイズ(15枚入り)。紀の川市商工会特産品開発事業委員会により企画、開発

黒豆入りどらやき 150円


やさしく炊きあげられた黒豆が2粒。豆の甘さとふくよかな食感が、あんとベストマッチ

問い合わせ かがり火製菓
住所 紀の川市粉河3192-1
電話 0736(74)3315
営業時間 午前9時~正午、午後1時~4時
定休日 無休

紀の川市鞆渕産 黒豆大福 150円


黒豆の濃厚な香りと絶妙の歯ごたえ。やわらかなお餅、こしあんとのバランスよし

≪取扱店舗≫
和歌山市観光土産品センター(和歌山市一番丁)、観光物産センターこかわ(紀の川市粉河)など

問い合わせ 麺彩工房ふる里
住所 紀の川市打田21-1
電話 0736(77)0530
営業時間 午前9時~午後4時
定休日 日曜
ホームページ(通信販売あり) https://store.ponparemall.com/pro/mensaikobo/

紀州鞆渕黒豆ロールケーキ 1250円


ペースト状にして生クリームにも黒豆を混ぜ込んでいます。生地は米粉を使い、ふんわりやわらかな食感

紀州鞆渕黒豆パウンドケーキ
化粧箱入り 1080円


黒豆を2日かけて仕込み、パウンドケーキに。二層に分かれた生地にもペーストにして使用しています

問い合わせ ホテルアバローム紀の国
住所 和歌山市湊通丁北2-1-2
電話 073(436)1200
営業時間 午前11時~午後5時
定休日 無休
ホームページ(通信販売あり) https://www.avalorm.com/



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

リビングフェスタ2017
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

電子新聞 最新号

  1. 2017/11/16

    リビング和歌山2017年11月18日号

    リビング和歌山 11月18日号 実りの秋、収穫の秋も残りわずか。思うがままに“食欲の秋”を堪能しすぎ…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 実りの秋、収穫の秋も残りわずか。思うがままに“食欲の秋”を堪能しすぎて体重過多が気になるあなた、本…
  2. 今週号は、上質な暮らしを提案する特集“Good Life”。「天高く馬肥ゆる秋」ということで、今回…
  3. 日本防災士会和歌山県支部長 早稲田 眞廣さん 「物」「建物」「知識」の備えを怠らずに あなたの防災知…
  4. スマートエージェンシーボトル5点セット(6人) 商品について問い合わせ 和歌山市消防協会 …
  5. 小さな穴をのぞくと、無数の幾何学模様が広がる万華鏡。角度を変えるたびに変わる形は、人を飽きさせない…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る