1歳児のいたずらは喜んで!やる気が順調に育っている証拠

 かわいかった赤ちゃんも、1歳を過ぎると行動範囲が広がり、目が離せなくなります。ハイハイやよちよち歩きで動き回り、時にはお母さんがアッと驚くようなことをしでかす子もいます。この時期多いのが“ティッシュを箱から全部出した”“たたんでおいた洗濯物を全部投げた”などのいたずらの数々です。

 ただでさえ育児に奮闘して疲れている毎日。こんな光景を目にしたらお母さんはガックリしてしまいますね。ついつい子どもに「ダメ!」と言ってしまうことも。

 お母さん、何も心配いりません。実は1歳は“実験期”とも呼ばれ、身の回りにあるものが何のために存在し、どんな役割を持っているのかを確かめる時期なのです。無駄ないたずらに見える行為もすべてが実験。ティッシュがどうやったら出るのか、どこまで出てくるのか、最後まで出したらどうなるのか。小さな頭をフル回転させて考えているのです。

 とはいえ、何でもやらせる訳にもいきませんね。止めなければならない危険なときは「ダメ!」ではなく「痛いよ!」など、具体的な言葉で短く話してください。端的な言葉で話すと、子どもも意味を理解できます。

 「これは何? 何に使うの?」という好奇心で実験を繰り返すことが、やる気と集中力を養います。危険なとき以外は、できるだけ止めずに、思う存分実験させてあげましょう。そして「できたね」と認めてあげましょう。お母さんに認めてもらうと、子どものやる気がぐんぐん育つでしょう。

著者むらたますみ
キッズコーチングシニアトレーナー
監修竹内エリカ
幼児教育者、日本キッズコーチング協会理事長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  子どもの“理科離れ”が叫ばれるようになって久しいですが、本来、好奇心が旺盛な小学生は観察や実験が大…
  2.  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届いているのでしょうか。また、連日…
  3. 常備灯 「ここだよライトS」(5人)  豪雨災害が出るなど、まとまった雨が降ることが多く、心配にな…
  4.  睡眠は健康を維持するためには欠かせません。そのためにも寝具にもこだわりたいもの。特にマットレスは快…
  5.  小学校の校舎をリノベーションして、和歌山市に2つの大学が誕生しています。地域に親しまれてきた場所が…

電子新聞 最新号

  1. 2019/7/18

    リビング和歌山 7月20日号

    リビング和歌山 7月13日号  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届い…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る