2018年度和歌山県住宅施策 定額補助を追加し、耐震化を推進

設計から改修工事まで一貫して補助

2018年度の和歌山県の新施策が発表され、動き出しています。今年も住宅分野に関する事業を取り上げ、紹介します。
南海トラフ巨大地震が想定される中、住宅の倒壊から命を守るためには、耐震性を高めることが必要です。県では住宅の耐震化を促すため、市町村などと協力し、補助制度をはじめ、耐震改修の専門家を派遣するなど、さまざまな支援策を実施。改修実績は、2015年度161件、16年度199件、17年度278件(5月8日現在)と、徐々に活用が広がりつつあります。
さらに耐震化を推進しようと、今年度から、設計から改修工事まで一連で実施するものを対象とした補助制度「補強設計と耐震改修の総合的実施事業」を新設しました。
これは、補強設計費と改修工事費を対象に、県と市町村からの定額66万6000円(設計費・工事費)と、国の補助(工事費の上限40%、最大50万円)を合わせて、最大116万6000円の補助が受けられるというもの。県と市町村の補助分は、設計費や工事費の額に関わらず、定額で交付されるのが特徴です。
例えば、工事費85万円、設計費15万円の場合、国からの34万円(工事費の40%)と、県・市町村からの定額補助で、合計額が100万円となり、自己負担がゼロとなるケースもあります。
県建築住宅課は「従来の耐震設計と改修工事に対して定率補助を行う制度も継続されます。市町村によって活用状況が異なるので、利用される場合は各市町村に確認ください」と話しています。
また、空き家対策についても、住宅に関わる団体と協定を結び、無料相談会の開催や、管理代行サービスの体制づくりなど、中古住宅の流通を活性化していく予定。
他、制度の詳細や最新情報は県建築住宅課のホームページにも掲載されているので、こまめに情報をチェックし、賢く活用しましょう!

<施策の問い合わせ先>

2018年度和歌山県住宅施策 定額補助を追加し、耐震化を推進◇補強設計と耐震改修の総合的実施事業
建築住宅課 073(441)3214
※現行の補助事業も含む
◇空き家対策
建築住宅課 073(441)3184

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 和歌山大学教育学部生物学教室わかのうらひがた倶楽部(くらぶ)主催の「第31回和歌の浦干潟観…
  2. 子どもたちの未来と被ばくを考える会主催の講演会「原発事故による被ばくからの自由・避難の権利…
  3.  「小学生プログラミング体験学習」が、9月30日(日)まで、明日香コンピュータ(和歌山市西…
  4. 川邉耕一展2018
     8月18日(土)~26日(日)午前11時~午後7時、「川邉耕一展2018 Floatin…
  5. ドレミであそぼう! ママといっしょ
     「ドレミであそぼう! ママといっしょ」が、8月27日(月)、服部楽器県庁前センター(和歌…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山8月11日号

    2018/8/9

    リビング和歌山 2018年8月11日号

    リビング和歌山 2018年8月11日号 いずれその日がやってくる前に、家族みんなで「終活」について考…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 夏休みキッズカーニバル ワークショップ
    夏休みの工作にもぴったりのワークショップが、8/8(水)~14(火)まで近鉄百貨店和歌山店(和歌山…
  2. リビング和歌山8月11日号
     いずれその日がやってくる前に、家族みんなで「終活」について考えてみませんか。今回から不定期でシリ…
  3. スピードクーラー(レギュラータイプ) 何度でも繰り返し使えます。9×100cm、1296円 暑い日が…
  4. 和歌山市建築指導課・辻本暢紀さん、土山隆史さん 大地震で被災した建築物の危険度を判定 受け入れる側の…
  5. リビング和歌山8月4日号
     夏真っ盛り。ビールがクーっとおいしい季節。最近、スーパーやコンビニエンスストア、飲食店などでメジ…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る