7月1日(土)から和歌山市内でオープン おもちゃのための病院

電動の自動車やぬいぐるみなど
大切なおもちゃを修理

子どもたちの笑顔を想像しながら、準備を進めるメンバー


〝あれっ、動かない〞〝壊れちゃった〞など、子どもの大切なおもちゃが家の片隅で眠っていませんか。そんな時は、おもちゃのための病院へ!

和歌山市社会福祉協議会(和歌山市小人町)が7月1日(土)に、使えなくなったおもちゃを修理する「おもちゃ病院」をオープンさせます。開院は毎月第1土曜日午前9時〜正午、同所4階で(左下参照)。

おもちゃ病院とは、全国各地で展開されているボランティア活動のことで「日本おもちゃ病院協会」が支援しています。県内には、これまで橋本市内しかありませんでしたが、「開設を」という市民の声を受け、和歌山市内でも開かれることになりました。

壊れたおもちゃを原則無料で修理してくれるのは〝おもちゃドクター〞と呼ばれ人たちです。診察できるのは、電動の自動車・飛行機、ぬいぐるみ、ラジコン、おもちゃの楽器など。

来院すると、受付で、診療申し込み書におもちゃの状況を記入。診療時間内に直る物もあれば、複雑な故障や部品の入手などで、次回まで預かる物もあります。

今月、開院に向けた勉強会が同所で開かれ、参加者たちは故障原因の見付け方や修理手順などを学びました。ドクターの小林修治さんは「〝壊れたから〞と諦めず、持ってきてくださいね」と呼びかけています。

同会・ボランティアセンター 073(431)0028

おもちゃ病院

日時 毎月第1土曜日、午前9時~正午(1月休診)
※原則、無料ですが、部品代として実費が必要な場合あり。駐車場なし、できるだけ公共交通機関で来院を。
修理できない物 浮き輪など救命に関する物、骨董品(こっとうひん)など高価な物、エアガンなど危険な物、商用電源を使用する物、ゲーム機など正常動作の確認ができない物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  子どもの“理科離れ”が叫ばれるようになって久しいですが、本来、好奇心が旺盛な小学生は観察や実験が大…
  2.  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届いているのでしょうか。また、連日…
  3. 常備灯 「ここだよライトS」(5人)  豪雨災害が出るなど、まとまった雨が降ることが多く、心配にな…
  4.  睡眠は健康を維持するためには欠かせません。そのためにも寝具にもこだわりたいもの。特にマットレスは快…
  5.  小学校の校舎をリノベーションして、和歌山市に2つの大学が誕生しています。地域に親しまれてきた場所が…

電子新聞 最新号

  1. 2019/7/18

    リビング和歌山 7月20日号

    リビング和歌山 7月13日号  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届い…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る