フロント特集

  • 6月30日に食べる行事食
    夏越ごはん

     毎年、6月の晦日(みそか、30日)に、全国あちこちの神社で、半年間の穢(けが)れを祓(はら)う「夏越の祓(はらえ)」という神事が行われます。その行事にちなんだ「夏越ごはん」を食べて、暑い夏を元気に過ごしましょう。 和…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    6月30日に食べる行事食<br>夏越ごはん
  • 雑菌まみれ汚肌になる前に!
    メイクの汚道具をお掃除

     メイク道具の手入れは、どのくらいの頻度で行っていますか? “顔は毎日洗うけれど、メイク道具は・・・”という人も少なくないのでは。今回はメイク道具の掃除の仕方を紹介します。 メイクの仕上がりは道具で差がつく 洗わずに放…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    雑菌まみれ汚肌になる前に!<br>メイクの汚道具をお掃除
  • 元気をチャージする パワーサラダ

     じめじめと湿度が高くなる季節、食欲も減退気味。でも、暑くなる夏に備えて、栄養補給をしっかりしておきたいですね。こんな時期には“パワーサラダ”を食卓の一品に。元気をチャージできるパワーサラダの魅力に迫ります。 彩り豊か…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    元気をチャージする パワーサラダ
  • 暮らしを豊かに、ヘルシーに 初夏の楽しみ梅しごと

      5〜6月は、梅が旬を迎える季節。梅の産地である和歌山では、南高梅をはじめとした立派な梅が豊富に出回ります。梅酒などを作る「梅しごと」をしたことがない人も、梅の魅力をあらためて知って、ぜひチャレンジしてください! 梅…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    暮らしを豊かに、ヘルシーに 初夏の楽しみ梅しごと
  • ウミガメを絶滅から守れ!アーケロンプロジェクトが始動

     “生きた化石”ともいわれている「ウミガメ」。日本では昔話に登場したり、縁起の良い生き物として親しまれたり、身近な存在です。その一方で、世界的に減少傾向にあり、保護・保全が叫ばれています。今回は、串本海中公園で始まった…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ウミガメを絶滅から守れ!アーケロンプロジェクトが始動
  • ふんわり癒やしのアロマとアイロンがけの極意

     クリーニングのプロに聞くアイロンがけのコツと、普段のアイロンがけを癒やしのひとときに変える「リネンウォーター」を紹介します。じめっとした季節にこそ、丁寧にプレスされたワイシャツは着ていて心地良いもの。主婦休みの日、夫…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ふんわり癒やしのアロマとアイロンがけの極意
  • 球根から育つ花たち バルバス・フラワー

     球根から咲く花といえば、チューリップやムスカリ、ヒヤシンスが有名。仕込むのは秋冬、開花は春のイメージがありますが、これからでも楽しめるものもたくさんあります。今の時期に植えて、夏に花を咲かせる球根の寄せ植えや、初夏に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    球根から育つ花たち バルバス・フラワー
  • もうすぐ母の日フラワースイーツに魅せられて

     その美しさに、食べるのをためらってしまう“フラワースイーツ”。右は南米ペルー発祥の「フラワーゼリー」、左は韓国生まれの「あんフラワーケーキ」と呼ばれるもので、今SNS(会員制交流サイト)で話題のハンドメードスイーツで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    もうすぐ母の日フラワースイーツに魅せられて
  • 湯浅町をぶら~り、と散策 しょう油がつなぐストーリー

      昨年4月28日、「『最初の一滴』醤油(しょうゆ)醸造の発祥の地」として、国の日本遺産に認定された湯浅町。しょう油造りの歴史やそこで暮らす人々の生活などをつなぎ、ストーリーとして国内外に発信。地域のブランド力を高めて…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    湯浅町をぶら~り、と散策 しょう油がつなぐストーリー
  • 最高峰の国産わさび発祥の地 真妻のわさび

     香りや味が良く、最高級の品質だとして全国各地で栽培されている「真妻わさび」は、和歌山に起源があります。その事実を知らない人も多いのでは。旧真妻村(現在の印南町川又)で行われている、わさび栽培についてお伝えします。 お…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    最高峰の国産わさび発祥の地 真妻のわさび
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 今年4月に開園した農業体験農園・梅原ファーム(和歌山市梅原)のオープン記念イベント「トウモ…
  2. 菊地 正晃さん
    趣味は? 大学生のときから、週3~4日、ランニングをしています。仕事仲間と一緒に県外の“リ…
  3. の日。おばあちゃんが、傘と間違えてさしていたものは?
    漫画家マエオカテツヤさんがお題を出題 子どもたちの自由な発想を紹介し、ツッコミます。 ★…
  4. 48年間活動を続けている、朗読ボランティア・和歌山グループ声の「かみしばいとよみかたり会」…
  5. サマーコンサート
    日本赤十字社和歌山医療センター玄関ホール(和歌山市小松原通)で、「患者さんに音楽で癒しを……

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山2018年6月23日号

    2018/6/21

    リビング和歌山 2018年6月23日号

    リビング和歌山 2018年6月23日号 毎年、6月の晦日(みそか、30日)に、全国あちこちの神社で、…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山6月23日号
     毎年、6月の晦日(みそか、30日)に、全国あちこちの神社で、半年間の穢(けが)れを祓(はら)う「…
  2. リビング和歌山6月16日号電子書籍を見る
     メイク道具の手入れは、どのくらいの頻度で行っていますか? “顔は毎日洗うけれど、メイク道具は・・…
  3. いざというときに役立つ防災グッズ プレゼント 緊急簡易トイレ
    緊急簡易トイレ(3人) 本体は段ボール、汚物袋・凝固剤各5回分付き(3888円) 災害時、深刻になる…
  4. 左から田平さん、森栗さん、木村さん
    和歌山市職員・田平和之さん、木村豊さん、森栗昌英さん 熊本県南阿蘇村で被災宅地の危険度を判定 2次災…
  5. top_リビング和歌山6月9日号イメージ
     じめじめと湿度が高くなる季節、食欲も減退気味。でも、暑くなる夏に備えて、栄養補給をしっかりしてお…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る