紀伊風土記の丘で「大人のための昔の会」 ~ケーナとオカリナの演奏を交えて~

2018-3-11

開催日時 2018年3月11日(日)午後1時半~3時半
開催場所 和歌山県立紀伊風土記の丘・旧柳川家住宅
参加人数 107人、語りの森メンバー7人、弊社スタッフ2人、演奏者2人   合計118人
参加費 無料
ご協力 和歌山おはなしの会「語りの森」、和歌山県立紀伊風土記の丘
ケーナ演奏者・タク オカリナ演奏者・あい(リビングカルチャー倶楽部講師)

昨年12月、リビング和歌山のフロント特集「大人のための昔話」に連動して開催した「大人のための昔話の会」。100人近くのご来場をいただき、好評だったため、2回目を企画。同じく、和歌山県立紀伊風土記の丘の園内にある移築民家・旧柳川家を会場とし、今回はケーナとオカリナの演奏を交えて開催しました。
会場の柳川家住宅は、海南市黒江にあった漆問屋の屋敷を保存・移築したもので、国の重要文化財。この日は特別に屋内を開放していただき、昔ながらの家屋の中に来場者に座っていただき、昔話の会を行いました。冒頭には、県立紀伊風土記の丘の副館長に柳川家住宅について簡単に解説していただきました。

語りの森のみなさんに語っていただいた昔話は7つ。「ねずみのもちつき」や「足折れつばめ」「山んばの錦」「運定めの話」など。昔話の合間に、今回はケーナとオカリナの演奏を、リビングカルチャー倶楽部の講師でいらっしゃるタクさんとあいさんにお願いし、すてきな演奏をしてくださいました。

昔話の素語りも、ケーナとオカリナの演奏も、古民家の雰囲気にぴったりで、昔ながらの二日本家屋の中で心地よく響く人の声や素朴な音色に、参加した人たちは耳を傾けていました。春の気配も感じられる一日でしたが、家屋の中はずいぶんとひんやりとしていて、少し時間が長引いたこともあって途中で退席される方もいらっしゃいましたが、人の声とケーナとオカリナの優しい演奏に、ほっこりと心が温められました。

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. 2019/1/17

    地球塾vol.6
    これからの「食と農」について、みんなで考える「ロハスな暮らしを楽しむ地球塾vol.6」が、…
  2. 病気のある子どもの家族と、教育・保健・医療・福祉関係者、支援に興味のある人を対象とした研修…
  3. 趣味は? 今は子どもたちと遊ぶこと。昆虫を育てたり、実験して遊んだり、少年時代をやり直し…
  4. 足のトラブルは大丈夫? いつまでも自分の足で、大人の足育 日頃から見て触ってケア、靴選びや…
  5. 「ぺったん ぺったん ぺたぺったん」、お餅つきが始まります。最初につきあががったのは、真っ…

電子新聞 最新号

  1. 2019/1/17

    リビング和歌山 1月19日号

    リビング和歌山 1月12日号 スムージーを温めて!?と驚くかもしれませんが、加熱することで吸収力が高…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. スムージーを温めて!?と驚くかもしれませんが、加熱することで吸収力が高まったり、よりパワーを発揮する…
  2. 2019年4月30日をもって、平成に幕を閉じ、5月1日から新しい元号になります。平成の時代に生…
  3. 防災安心セット(車載用)(3人) 7年保存クッキー・水、使い捨てトイレ、アルミブランケット、伝言カー…
  4. 年末年始号
    日本のロック界を代表するアーティストに昇り詰め、和歌山出身の有名人の中でも、“超メジャー級”のHY…
  5. 大根は生で食べれば栄養満点! ミカンと一緒にジュースにすることで、おいしく飲めます 《材料(4人分)…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る