紀伊風土記の丘で「大人のための昔話の会」~クリスマス&年の暮れ特別バージョン~を開催

2017-12-24

開催日時 2017年12月24日(日)午後1時半~3時
開催場所 和歌山県立紀伊風土記の丘・旧柳川家住宅
参加人数 87人、語りの森メンバー8人、紀伊風土記の丘スタッフ2人、弊社スタッフ1人、 合計98人
参加費 無料
ご協力 和歌山おはなしの会「語りの森」、和歌山県立紀伊風土記の丘

リビング和歌山12/9日号のフロント特集で企画した「大人のための昔話」に関連して、実際に昔話に耳を傾けてみる「昔話の会」を、紙面で取材させていただいた和歌山おなはしの会「語り森」とコラボし、開催しました。

会場は、和歌山県立紀伊風土記の丘の園内にある移築民家・旧柳川家。海南市黒江にあった漆問屋の屋敷が移築されたもので、国の重要文化財に指定。普段は屋敷の中に入ることはできませんが、この日は特別に開放していただき、昔話の会を行いました。
当初は定員50人を予定していましたが、申し込みが多く、なるべくたくさんの人に聴いていただけるようにと、立ち見も想定して約80人を受け付け。来場の皆さんは協力的に詰めて座ってくださり、受け付け以上の人が集まりましたが、すべての人が屋敷の中に座っていただくことができました。昔ながらの日本家屋の情緒も昔話の会の雰囲気をぐっと盛り上げました。

語りの森のみなさんに語っていただいた昔話は7つ。クリスマスにちなんだ「こびととくつや」、年の暮れにちなんだ「干支の始まり」「塩吹き臼」「笠地蔵」「年こしのたき火」「はなたれ小僧さま」「馬子とやまんばばあ」。語り手を囲むように参加者が座り、素語りする声に耳を傾け、昔話の世界にひたりました。昔話の合間には笙(しょう)の演奏もあり、どこか懐かしい音色が屋敷の中に心地よく響き渡りました。笙という楽器についての歴史や解説も交えてくれたので、興味をそそられる人も多くいました。

“昔話のを聞く”というと子ども向けのような気がして、大人はどうしても気恥ずかしかったり、遠慮がちになったりするものですが、今回のように「大人のための昔話」とすることで、大人にも気兼ねなく足を運んでいただくことができ、子どもに遠慮するとなく昔話の語りを楽しんでいただけたように思います。人の声で語られる“おはなし”は、大人になっても心に響くものだとたくさんの方が実感されていました。

IMG_8918 IMG_8907
IMG_8950 IMG_8924
IMG_8942 IMG_8931

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 2018/4/19

    里山まつり
    和歌山県立森林公園根来山げんきの森(岩出市根来)で、「第17回里山まつり」が4月29日(祝…
  2. 東野 太一さん
    趣味は? 小学生のときに始めたバスケを、社会人になっても継続中。和歌山市に転勤して立ち上…
  3. 桐の会展

    2018/4/19

    桐の会展
     和歌山県立桐蔭高等学校第1期~34期の卒業生による美術展「第12回桐の会展」が、4月25…
  4.  皆さん、毎日の炊事で多少なりとも“健康”は意識していますよね。アメリカのステンレス調理器…
  5. リビング和歌山4月21日号
      昨年4月28日、「『最初の一滴』醤油(しょうゆ)醸造の発祥の地」として、国の日本遺産…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山4月21日号

    2018/4/19

    リビング和歌山 2018年4月21日号

    リビング和歌山 2018年4月21日号 昨年4月28日、「『最初の一滴』醤油(しょうゆ)醸造の発祥の…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山4月21日号
      昨年4月28日、「『最初の一滴』醤油(しょうゆ)醸造の発祥の地」として、国の日本遺産に認定され…
  2. リビング和歌山4月14日号
     香りや味が良く、最高級の品質だとして全国各地で栽培されている「真妻わさび」は、和歌山に起源があり…
  3. 日本の伝統的な発酵食品である味噌。季節に合わせて、おいしく、ヘルシーに暮らしに取り入れてみませんか。…
  4. 認証状を交付する尾花正啓市長と、受け取る平松加奈子さん

    2018/4/12

    防災Topics
    学生消防団活動認証制度開始 第1弾は4人に認証状を交付 若手の人材確保、地域と大学の交流、就職活動支…
  5. 和歌山市消防局・高度救助隊 消防司令補 梶本 敦司さん 国際緊急援助隊救助チームの一員としてメキシコ…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る