協会けんぽ健康のミカタvol.31
マイナンバーカード
3月から健康保険証として利用可能に

本人確認書類として公的に使われているマイナンバーカードが、今年3月から順次、医療機関や薬局で健康保険証として利用可能になります。
窓口でマイナンバーカードを顔認証付きのカードリーダーにかざすと、マイナンバーカードのICチップにある電子証明書で医療保険の資格をオンラインで確認できるというもの。就職や転職、引っ越しをしても健康保険証の切り替えを待たずに使えるなどのメリットで、ますます利便性が高まります。

また、健康保険証として使えるようになっても、マイナンバーカードにプライバシー性の高い情報(受診歴や薬剤情報)が入ることはありません。

マイナンバーカードを健康保険証として使うには、政府が運営するオンラインサービス「マイナポータル」からの事前申し込みが必要。マイナンバーカードを利用できる医療機関や薬局については、今後、厚生労働省と社会保険診療報酬支払基金のホームページで掲載される予定です。

【問い合わせ】0120(95)0178マイナンバー総合フリーダイヤル

マイナンバーカードを健康保険証として利用するメリット

・就職や転職、引っ越しをしても健康保険証の切り替えを待つ必要がありません

・限度額適用認定証の手続きをしなくても、高額療養費制度の限度額以上の支払いが不要になります

・本人が同意すれば、初めての医療機関などでも、薬剤情報や特定健康診査の情報を医師が確認でき、健康管理や医療の質の向上につながります

・確定申告の医療費控除手続きで、マイナポータルを通じた医療情報の自動入力が可能になります(2021年分所得税の確定申告から予定)

 

申し込み・お問合せ 全国健康保険協会和歌山支部企画総務グループ
電話番号 073(421)3101
店舗名全国健康保険協会(協会けんぽ) 和歌山支部
電話番号073-421-3100(代表)
Webサイトhttps://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/wakayama/
住所〒640-8516 和歌山市六番丁5 和歌山第一生命ビル3階
受付時間午前8時30分~午後5時15分(土日祝日・年末年始を除く)
定休日土日祝・年末年始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの健康

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 7月23日に東京五輪が開幕。一部の競技を除いて無観客開催となったものの、熱き戦い、感動の瞬間はテレ…
  2. 夏休みの工作にもぴったりのワークショップが、7月29日(木)~8月10日(火)まで近鉄百貨店和歌山…
  3. リビング和歌山7月17日ガブリと味わうだけじゃない、多彩な楽しみ 今日からあなたも スイカにぞっこん
     真っ赤な果肉、爽やかな甘さが魅力的なスイカ。近年人気の「小玉スイカ」有数の生産地でありながら、和…
  4. 日本遺産の地・太地町の海で クジラにキュン♡
     和歌山県の太地町は、日本遺産「鯨(くじら)とともに生きる」の核となる町。クジラとのつながりが深い…
  5. 関西エリア屈指の星空スポットとして知られている「みさと天文台」(紀美野町松ケ峯)が、約1年間の大…

電子新聞 最新号

  1. 2021/7/22

    リビング和歌山7月24日号

    リビング和歌山7月24日号 7月23日に東京五輪が開幕。一部の競技を除いて無観客開催となったものの、…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る