子どもの虫歯が増える夏休み
食習慣にメリハリを

子どもたちの食習慣が乱れがちな夏休み。虫歯で悩む子どもの患者が増える時期です。家で長時間過ごすときや、遊びに出掛けた先で、お菓子を食べる機会や、ジュースを飲むことが増えますよね。物を食べた後は、口の中が酸性の状態になり、虫歯のリスクが高まります。しっかりと歯磨きをしていても、食べる回数が多くなると、それだけ虫歯になる確率が上がるということです。

おやつを食べるときは、チョコレートやチューイングキャンディーなど、糖分の多い物はできるだけ避けるようにしてください。
虫歯を予防するために、キシリトール入りのお菓子を食べるのもいいでしょう。飲み物に関して、スポーツドリンクには糖分が思いのほかたくさん入っています。熱中症予防のための水分補給には、水やお茶、経口補水液を選ぶことをおすすめします。

また、眠っているときは、唾液の分泌が減るので、虫歯のリスクが跳ね上がります。眠る前、歯磨きをした後は、何も食べないというのが鉄則。食べカスや汚れがついたまま寝てしまうと、その汚れが虫歯菌のエサになってしまいます。一日の中で、ダラダラと飲み食いをするのではなく、〝食べるときは食べる〟という、メリハリのある生活習慣を定着させることが大切です。

ケアの方法としては、歯磨きの他、就寝前にフッ素入りの洗口液で口をすすぐのもいいでしょう。フッ素の量は少なすぎるとあまり意味がないので、市販の商品を買うときは注意を。歯磨きは、どれだけ丁寧に磨いているつもりでも、なかなか完ぺきには磨き上げられません。大人でも難しいので、子どもなら、なおさら磨き残しが発生しやすいものです。こまめに歯科医院でチェックを受けたり、ブラッシングのポイントを聞いたり、積極的に相談してみてください。

保護者の意識が高さが子どもの歯の健康に影響

子どもの歯の健康には、歯に対する親の意識が非常に深く関わってきます。子どもが小さなうちから、親子で一緒に虫歯予防に取り組み、「歯はきれいにするもの」という意識を持たせて、ケアを習慣づけることが重要です。(川崎豪彦)

【お便り募集】
虫歯やインプラントなど、歯に関する悩みや相談を募集しています。匿名の人はペンネームも添え、はがきか封書に、〒住所、氏名、電話番号を記入して、〒640―8557(住所不要) 和歌山リビング新聞社「リビけん・口から始まる健康づくり係」へ。メール(liviken@waila.or.jp)の場合は、件名に「リビけん・口から始まる健康づくり係」と記載してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの健康

おすすめ記事

  1.  唐突ですが皆さん、上限5000円分のポイントがもらえる「マイナポイント事業」はご存じですか? 7…
  2. 5月には有田市に漁協直営の「浜のうたせ」がオープン、7月には和歌山市中央卸売市場の総合食品センター…
  3. 江戸時代に広まった甘味飲料 米麹から生まれるやさしい味わい ビタミンや食物繊維、ブドウ糖、アミノ…
  4. 今年7月1日から、プラスチック製の使い捨てレジ袋が有料化されます。買ったものを入れるだけでなく、さ…
  5. 新型コロナウイルスの感染拡大により、全面開館を見合わせていた和歌山市民図書館(和歌山市屏風丁)と図…

電子新聞 最新号

  1. 2020/7/2

    リビング和歌山7月4日号

    リビング和歌山7月4日号  唐突ですが皆さん、上限5000円分のポイントがもらえる「マイナポイント事…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る