意外に取れるの!?
テレビ業界、夏のバカンス

テレビのツムジ

意外に取れるの!?
テレビ業界、夏のバカンス

何かと激務といわれるマスコミ業界。確かに、リモート会議が導入されて、夜9時からスタート、終了は夜11時なんてことも増えた。ならば、きっと夏休みなんて無いのでは?と思われがちだが、そうではない。例えば、番組の収録は交通機関が混み合う、お盆シーズンを外す傾向に。なので、局の人間は有休を消化すべく、そこにバカンスを取る人も多い。となれば、必然的に関連スタッフも、その隙間を縫って取っている。特に、朝日放送の関係者は、このシーズンの休みが多い。夏の甲子園を中継しているので番組休止が増えているからだ。とはいえ、スポーツ局、アナウンス部ほか応援部隊は、もちろん無休でお仕事。だから、夏の終わりには日焼け具合で、どちらの人か一目瞭然だ。ちなみに、日焼けした人たちは、12月ぐらいに「夏休みを消化します」というのも、風物詩の一つ。では、われわれ出入り業者にとってはどうなのか…。といえば、夏のバカンス=放送が休止=ギャラが減る、といった悲しい負の連鎖が。夏なのに気持ちは冬。どんな冷房よりも凍り付く。それが夏のバカンスなのである。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 夏休みの工作にもぴったりのワークショップが、8月3日(木)~8月15日(月)まで近鉄百貨店和歌山店…
  2. 地域が誇るものづくりを紹介する「すごいぞ! 和歌山の底力」。シリーズ3回目は、日本で初めて5本指ソ…
  3. 地域の人々から愛され続ける、ローカルな味を紹介する「まちかどソウルフード」シリーズ。第二弾は、ジュー…
  4. リビング和歌山7月23日号「ホームセンター+リビング 特別企画 夏休みにものづくり」
     夏休みが始まりました。 楽しい計画もたくさんあるのではないでしょうか。でも、宿題のこともお忘れなく…
  5. リビング和歌山7月16日号「訪れたら絶対手に入れたい 個性派ミュージアムグッズ」
     個性的なアイテムがそろうミュージアムグッズが今、注目されています。今回、県内7施設のグッズをクロー…

電子新聞 最新号

  1. 2022/8/4

    リビング和歌山8月6日号

    リビング和歌山2022年8月6日号   地域が誇るものづくりを紹介する「すごいぞ! 和歌山の底力」。…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/8/4

    2022年8月6日号
  2. 2022/7/28

    2022年7月30日号
  3. 2022/7/21

    2022年7月23日号
  4. 2022/7/14

    2022年7月16日号
  5. 2022/7/7

    2022年7月9日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る