2019年10月26日号発刊

2019-10-24

 松阪牛、近江牛、神戸牛…、これまで“高級肉”といえば、サシがたっぷり入った霜降り肉が主流でしたが、近年、健康志向の高まりなどから「赤身肉」がちょっとしたブーム。そうした中、和歌山県は、畜産試験場と近畿大学との共同で研究を重ね、脂肪交雑を抑えた新たな和牛ブランド「紀州和華牛(わかうし)」を開発しました。

■フロント特集:黒毛和牛の新ブランド 紀州和華牛
■電子新聞:電子新聞はこちら

おすすめ記事

  1.  活字離れ、手書き離れがさけばれる昨今。スイ~ッと気持ちよく描けるペンとノートで、“書くこと”を楽…
  2. 年の門出を祝うご馳走を 一年を竹の節のように区切り、お盆や正月といった特別な日を節(せち)と呼んだ…
  3. クリスマスシーズン到来!おすすめのクリスマスケーキや、華やかなディナー、大切な人へのプレゼントにぴっ…
  4.  “金(筋)曜日が29(肉)日になる日”は「筋肉を考える日」(日本記念日協会認定)です。ムキムキボ…
  5. カキといえば広島県や宮城県が有名ですが、昨年から和歌山県内で新たにカキの養殖に取り組むエリアが増え…

電子新聞 最新号

  1. 2019/12/5

    リビング和歌山 12月7日号

    リビング和歌山12月7日号  活字離れ、手書き離れがさけばれる昨今。スイ~ッと気持ちよく描けるペンと…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る