15種類の漢方を炊いた薬膳鍋で体の芯を温め、病気も予防
素食カフェRen(璉)

  • 2019/8/9

 かつて肝臓を患い、一命をとりとめた「素食カフェRen(璉)」のオーナー。ベジタリアンになって25年、漢方の効能を活かし、野菜ひとつひとつの潜在力を引き出す薬膳料理を食べはじめてから、一度も病院のお世話になっていないそうです。

 特製薬膳鍋のスープはナツメやウコンなど、15種類以上の漢方をブレンド。栄養補給や滋養強壮、体質改善などの効果があります。栄養たっぷりのスープは香り高く澄んでいて、啜ったとたんに旨みがフワっと広がります。味付けは「プレーン」「カレー」「ピリ辛」の3種類。別皿で3種のおかずが付き、ご飯は雑穀入り玄米です。

 「料理は基本の5色が大切」と語るオーナー。日替わりのおかずが楽しめる「本日の精進ごはん定食」も、食材の鮮やかな色が映えます。薬膳料理に欠かせない食材・お麩は様々な食感のものを台湾から取り寄せ、モチモチだったり、ふんわりした食感だったりと味わいが多彩です。「本当にお肉もお魚も使ってないんですか? 信じられない!」と驚かれる客がいるとか。ボリュームも満天です。
 営業はランチとカフェ。夜は完全予約制(3名以上)。ベビーチェアや子供用の食器、キッズメニューもあるので、子連れのファミリーやママ会にもぴったりです。お店は小高い山の上にあり、ひろいガラス戸からは街が一望できます。店内ではベジタリアン向けの調味料や食材の販売も。

素食カフェRen(璉)

アクセス

和歌山市園部1670-6

営業時間11:00~17:00
定休日

月曜

電話番号

080-5308-8858

HP

https://cafe-ren.therestaurant.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1.  今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取り組みが進むことが期待さ…
  2. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019」が、11月9日(土)~12日(火)の期間、和歌山県内で開催…
  3.  松阪牛、近江牛、神戸牛…、これまで“高級肉”といえば、サシがたっぷり入った霜降り肉が主流でしたが…
  4.  頼宣が和歌山に入国してから400年。10月19日(土)~11月24日(日)、和歌山県立博物館、和…
  5.  植物性の乳酸菌が含まれているキムチ。腸内環境を整えるほか、美肌や疲労回復効果もあるとか。また店それ…

電子新聞 最新号

  1. 2019/11/7

    リビング和歌山 11月9日号

    リビング和歌山11月9日号 今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る