《最終回 死してなお》実は生きていた? 多数の逸話に愛がにじむ

「雷封じの井」真田庵の敷地内にある重い石のふたで封じられた井戸。ここには、幸村が取り押さえた「雷」が入っているといわれています。 伊都郡九度山町九度山1413 問☎0736(54)2019九度山町役場

「雷封じの井」真田庵の敷地内にある重い石のふたで封じられた井戸。ここには、幸村が取り押さえた「雷」が入っているといわれています。
伊都郡九度山町九度山1413
問☎0736(54)2019九度山町役場

歌や小説へと形を変えて
幸村の存在は今も生きる

徳川家康の目前まで迫りながら討ち取ることがかなわず、49歳の生涯を閉じた幸村。その見事な散りざまには敵方ですら敬意を示し、また、民衆の心にも深い感銘を与えました。

当時の京では「花のようなる秀頼さまを、鬼のようなる真田が連れて、退きも退いたり鹿児島へ」との歌が流行したといわれており、実は幸村は生きていて、豊臣秀頼を連れて鹿児島へ逃げたのではないか、とのうわさが広まったほどです。

また、幸村に仕えた10人の忍、「真田十勇士」が広まったのも幸村の死後。モデルとなるような人物がいたとはいえ、架空の存在である十勇士の名前が周知されたのは、江戸時代の元禄期頃に発表された小説『真田三代記』や、明治に発表された『立川文庫』などで取り上げられたことがきっかけだったようです。

こうして幸村は死してなお人々の心をつかみ、後世に残る武将となりました。

町民から愛されていた
九度山に伝わる逸話の数々

幸村の逸話は、和歌山県の九度山町にも残っています。

第二次上田合戦の後、蟄居(ちっきょ)を命じられた昌幸・幸村親子。彼らが暮らしていた真田庵には「雷封じの井」と呼ばれる井戸があり、屋敷に落ちた危険な雷を幸村が取り押さえて井戸に封じ、人々の難を救ったとの伝説が残っています。

また、大坂の陣に加勢することが決まった幸村を、九度山から逃がしたのは地元の者たちだともいわれています。

「いつも気に掛けてくれているお礼に」と、地元の人々を招いて酒宴の席を設けた幸村。全員が酔いつぶれて寝てしまった頃、幸村一行はこっそり大坂城へ。翌朝、それに気付いた見張りが幸村はどこかを尋ねたところ、地元の人々は「3日前にどこかへ行ってしまった」と口にしたとか。これらから、日常的に人々と交流し、厚い信頼を寄せられるようになった姿がうかがえます。

現存する資料が少なく、推測や創作で語られることの多い幸村。その話はどれも、憧れや尊敬のまなざしが感じられる、温かいものです。

今週号が最終回になります。ご愛読ありがとうございました。

ここが見どころ

20150926otona02

「第1回紀州九度山 楽市楽座」

10月18日(日)午前10時~午後4時、「道の駅柿の郷くどやま芝生広場」(伊都郡九度山町)で約80ブースが出店する大型フリーマーケットが開催されます。九度山町内の人気飲食店が出店するほか、戦国ブースには、真田幸村などの甲冑(かっちゅう)を展示した本陣を構え、戦国グッズの販売も予定されています

問い合わせ 0736(54)2019九度山町役場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人リビング

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが、“保活”。まず何から始めれ…
  2.  故人の思い出が詰まった遺品の数々。整理する遺族の負担を減らすために生前の「断捨離(だんしゃり)」を…
  3. 3LED ヘッドランプ(10人)  これまで紹介した防災グッズの中でも人気商品の「ヘッドランプ」を…
  4.  季節の変わり目は体調を崩しがち。普段から食べるものにも気をつかっておきたいもの。薬膳料理はそんな人…
  5.  梅雨も過ぎ、すっかり夏本番。じりじりと暑い日は、ツルッとのど越しさわやかな「冷やし麺」を食べません…

電子新聞 最新号

  1. 2019/8/15

    リビング和歌山 8月17日号

    リビング和歌山8月17日号  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る