「クレイジージャーニー」の見えざる境界線とは!?

ツムジ

「クレイジージャーニー」の
見えざる境界線とは!?

MBSで深夜放送中の「クレイジージャーニー」という番組がある。司会は、松本人志、設楽統、小池栄子。彼らが、クレイジーで特異な旅をしている人をスタジオに招き、その旅を共にVTRで見るという番組だ。今までマリファナ畑や銃の密売など、テレビで見たことのない危険地帯が紹介された。探検、潜入ルポを映像化したような今、最もキワドイ番組である。

中でも、際立つのはMC3人の存在。設楽統は仕切るだけでなく、小気味よく突っ込み、場を引き締めている。一見クレイジーそうな松本人志は、実は一番視聴者に近い。如実なのが、クレイジーな旅人へ正面を向いてしゃべらないこと。「よくそんな旅するわ」と時折、引いているかのように身体を斜めにし、質問をしている。つまりクレイジーとノーマルの見えない線をスタジオ内で引いているのだ。その線こそが重要で、なければVTRもどんどんエスカレートし、本当に放送できなくなる。小池栄子はといえば、試食用に出てきた虫を「おいしい」と率先し食べていた。一番クレイジーなのは、彼女なのかもしれない。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「す・またん」「かんさい情報ネットten.」「土曜はダメよ」、ABCラジオ「桑原征平粋も甘いも」などの番組構成を担当中。

※次回は9月12日号に掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ちょっとした変化を見逃さない 周囲が気づいて早めの対応が大切 「認知症」とは、さまざまな原因で…
  2. ストロング派も低アルコール派も “私の和歌山チューハイ”を見つけよう 国税庁統計によると、成人1…
  3. 集まれ! 子ども隊員 「うみわかまもるプロジェクト」スタート SDGsは「持続可能な開発目標」と…
  4. 和歌山市近郊の人たちになじみ深い「四季の郷公園」。エントランス部分がリニューアルし、「FOOD H…
  5. 今なお、全世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。この半年間で私たちの生活は大きく変化しました…

電子新聞 最新号

  1. 2020/8/6

    リビング和歌山8月8日号

    リビング和歌山8月8日号 高齢の親との会話や行動に「あれっ?」と感じたら、もしかすると認知症かもしれ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る