「下町ロケット」と「オトナ女子」勝敗を分けた理由とは?

テレビのツムジ

「下町ロケット」と「オトナ女子」
勝敗を分けた理由とは?

名作ぞろいの今期冬ドラマ。特に、阿部寛演じる町工場の社長が巨大企業に立ち向かうドラマ「下町ロケット」(TBS)は大ヒット。一方、40代女性の恋愛を描いた篠原涼子主演「オトナ女子」(フジ)は、今一つ伸び悩んでいる。お互い前評判は高く、主演も申し分無いのに、この差は?鍵を握るのは共感度。「下町ロケット」は働く男性層が自身の仕事と投影させやすい物語。下請けの苦悩、親会社からの無理難題など、社会人なら一度は経験したことのある話ばかり。ところが、女性層を狙った「オトナ女子」は、主役に隙が無さすぎる。細身のスーツに髪形、メイク、ネイルも完璧。つまりはリアリティーが無いし、生活感も無い。他の主要人物も、短所までもカッコよく見えてしまう俳優ばかり。トレンディードラマ全盛期なら、憧れの視点で見るが、これでは今の時代とマッチしていない。これからのドラマは、視聴者がいかに自己投影できるかがポイントとなる。僕も「下町ロケット」を見て、下請けが大企業に物申す姿に、思わず興奮した。僕の現実ではあり得ないけど。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「す・またん」「かんさい情報ネットten.」「土曜はダメよ」、ABCラジオ「桑原征平粋も甘いも」などの番組構成を担当中。

※次回は年末年始号に掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い経験はありませんか。コロナ…
  2. 和歌山市の中心地、伏虎中学校跡地に建設が進められてきた和歌山県立医科大学薬学部が完成しました。4月…
  3. 日本でドライブスルーといえばハンバーガーチェーンに始まり、牛丼チェーン、コーヒーチェーン…と、これ…
  4. 今年も桜の季節が到来。桜といえば春を感じる行事、お花見!ですが、大勢でにぎやかに楽しむ“お花見宴会…
  5. 子どものころ誰しもお世話になった学校給食。懐かしくもあり、ちょっぴり苦い思い出という人もいると思い…

電子新聞 最新号

  1. 2021/4/8

    リビング和歌山4月10日号

    リビング和歌山4月10日号 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る