おこだでませんように

20150704kids01

誰もが持っている心の中の
祈りの言葉、一番のお願い

1年生になったA君が保育所に来て、「先生、今日は学校で一回も怒られへんかったで」と言ったとか。「いつも、どれだけ怒られているの」とみんながあきれ顔でした。「ぼくは いつもおこられる。いえでも がっこうでも おこられる」で始まる『おこだでませんように』(出版=小学館、くすのきしげのり/作・石井聖岳/絵)はA君の心情を描いた絵本かもしれません。

「ぼく」は、お母さんが仕事から帰るまで妹の面倒を見ている心優しいお兄ちゃんです。でもなぜか行動が空回りし、担任の女性教師やお母さんに怒られてばかりいます。

意地悪な友達にキックとパンチをしたら、「暴力はいけません」と怒られます。「『なかまにいれてやれへん』と言われたのは僕の心がもらったパンチやで」は…、切ない心の声です。

そんな「ぼく」が七夕の日に短冊に書いたお願いは「おこだでませんように」でした。入学してから教えてもらったひらがなで書いた、一番のお願いです。

短冊を見た教師は「怒ってばっかりやったんやねえ。ほんまにええ、お願いやねえ」と泣きます。

その夜、教師から電話をもらったお母さんも「ごめんね。怒ってばっかりやったね」とぎゅうっと「ぼく」を抱きしめてくれます。

「ぼく」の心根に寄り添い、懸命に働いて二人の子どもを育てている母親の姿や、担任の言葉に自分を重ねて、大人も感動する絵本です。平成21年の小学校低学年の課題図書で、主人公の「ぼく」は小学1年生です。

最終ページに「おこられませんように」と正しく書かれた短冊があって、それを見つける喜びが絵本の楽しさです。

名前なりきよ ようこ
プロフィル絵本編集者として勤務後、渡欧。帰国後フリーに。
保育所や小学校で読み聞かせを25年以上続けている。絵本creation(編集プロダクション)代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. クリスマスシーズン到来!おすすめのクリスマスケーキや、華やかなディナー、大切な人へのプレゼントにぴっ…
  2. 11月29日は「いい肉の日」。これから年末年始にかけてごちそうを食べる機会が増えます。“おうちごは…
  3. 年の門出を祝うご馳走を 一年を竹の節のように区切り、お盆や正月といった特別な日を節(せち)と呼んだ…
  4. 11月の第3木曜は「ボージョレ・ヌーボー」の解禁日ですが、今回は「オレンジワイン」のお話。コロナ禍…
  5. 今や世界にも広がる日本の弁当文化。最近は、漆器の弁当箱が“おいしいそうなだけでなく、見た目もおしゃ…

電子新聞 最新号

  1. 2020/11/26

    リビング和歌山11月28日号

    リビング和歌山11月28日号  11月29日は「いい肉の日」。これから年末年始にかけてごちそうを食べ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る